インタビュー

ギルガメッシュインタビュー

ギルガメッシュ

圧倒的な完成度を誇るニューアルバム『GO』で、2011年さらなる飛躍を遂げるギルガメッシュ。高い音楽性に無限の可能性を秘めた彼らの魅力に迫ります!

その実力をライヴや音源で惜しみなく見せつけ、その音楽センスに海外でも高い評価を受けるギルガメッシュ。昨年のツアーファイナルで発表された「三大計画」通り、著しい成長とアツい想いが詰め込まれた通算5枚目のニューアルバム『GO』を引っ提げ、初ホールワンマンとなる地元・市川での凱旋ライヴ、そして2年ぶりの海外ツアーを行う彼らの“2011年”について聞いた、4人の汗と涙と感動(?)の爆笑インタビュー。これを読まずに2011年は語れません。

■新曲もライヴ音源も聴ける贅沢な一枚となっております(愁)

――『MUSIC』『NOW』に続いて、今回のアルバムタイトル『GO』もかなりストレートですね。どなたの案ですか?

Яyo:タイトルはいつも愁さんがいろいろ出してくれた中から、みんなが共感できるものを選んでます。

――他にどんな候補があったんですか?

愁:『GO』、『G』、『ギルガメッシュ2』。

左迅:(笑)

愁:ちなみに『G』はギルガメッシュの「G」です。他にもいろいろあったんですけど、僕の中で未だに強烈に残っているのはその三つですね(笑)

――その中で『GO』が選ばれたのはなぜ?

愁:このアルバムには2010年を総括して全てを詰め込んだんです。メッセージ性も強いし、曲に関しても頭を使って。ギルガメッシュの音楽は直感を大事にするからあまり頭で考えて作るということがないんですけど、今回レベルアップしたいということで、多少頭も使い、行くぞ!という意味を込めての『GO』になりました。あと、通算5枚目のアルバムなので、5枚目の「5」と「GO」をかけてます。

――今回のジャケットは、かなりパンチが効いてますね

愁:メンバー全員パンチが効いてるのが好きなので。良い曲良い歌詞は当たり前で、プラスパンチがほしいバンドだから良いかなと。

Яyo:これ、裏は「O」ですからね。2枚並べると「G」と「O」で『GO』です。

愁:これがCD屋に並んでたら僕なら「何だこのバンドは!?」って思います。確実に!

――ところで『GO』は激アツ盤と通常盤の2形態ですが、激アツ盤の特典がかなり豪華ですね!

愁:商業的な事情は置いておいてとりあえずいっぱい詰め込みたいなと(笑)。盛りだくさんじゃないと買って面白味もないですし。映像やライヴ音源は、初めてギルガメッシュの音楽に触れた方も入りやすいかなと思いますね。新曲もライヴ音源も聴ける贅沢な作品となっております。

――(笑)ギルガメッシュのライヴ音源が世の中に出るのは今回が初ですよね。12曲も収録されていて、こちらもかなり盛りだくさんな印象ですが。

愁:もともとライヴ音源に対してあまりプラスなイメージがなかったんです。あまり大きな声では言えないですけど、自分たちが中高生のときに買った時、カップリングでライヴ音源が入っていると、「その曲もう持ってるよ!」と思うわけですよ。でも最近弐さんがSlipknotとかの長編のライヴ音源を聴いていて、これだったら良いなと思えたんです。

――ちなみに今回のライヴ音源の収録曲はどうやって選んだんですか?

Яyo:どうせ出すならライヴがよくわかるようにパッケージしたいなと思って、ライヴの流れが見えるような入れ方をしました。これ、音もほぼつながってるんです。

――ところで激アツ盤は特典としてライヴ音源に加えて噂の「G-TRAVEL 2010 in SUMMER」も収録されていますよね。ネタばれしない程度に内容を教えてください。

左迅:これちょっと残念な感じなんですよね(笑)。でも俺が一番美味しいとこだけもらったって感じです。釣りとか海とか嫌いなんですけど食べるのは好きなので、あー旅ができて良かったなーって。

愁:そもそもスタッフの一人が「俺は釣りがやりたいんだ」って言い出したんですよ。どうせなら船でやりたいって。…素人なんですけどね(笑)。しょうがないから連れて行ってやったら、そいつは開始10分でダウンしちゃって。

Яyo:「もう帰りてー帰りてーよー」(←棒読み)って言いだして(笑)。ふざけんなと(笑)

愁:その辺が事細かに収められております。

――気になる感じにまとめていただいたので、後は見てのお楽しみということで(笑)。

■まとめると…「汗臭い光」です(Яyo)

――今回のアルバムの聴きどころを激アツに語っていただけますか。

Яyo:今回は「汗臭い光」です。

全員:(爆笑)

Яyo:いつもとは違う勢いというか、ゴリゴリ押す勢いではなくて、突き抜けた感じの勢いの楽曲たちが揃ったんじゃないかと。それをまとめると…「汗臭い光」です(笑)。

弐:今回のアルバムが曲を作る上で一番しんどかったっつーか、出てこなかったっつーか。悩みに悩んだ末できた渾身の作品『GO』です。…な感じですね(笑)。

――(笑)それは、さっき愁さんが言っていた「頭を使うアルバム」という意味で?

弐:んー、これだっていう確信を持てる曲がなかなかできなかったんですよね。みんなが持ってきたデモも普通に良いんですけど、さらに一歩二歩先を行ったもっと良いものがほしいと思って。作っては壊し作っては壊しを繰り返して、最初に確信が持てたのが「destiny」でしたね。そこから、このアルバムは絶対良いものになるという確信が持てたし、1曲しかできていなかったのにホッとしました。個人的には苦心の末にできたアルバムではあります。

Яyo:俺はそうでもないけどね。

弐:(笑)

愁:左迅くんの一人ひとりに問いかけ、投げかけるような温かくて素晴らしい歌詞と、弐さんの過去にないほど多く詰まっているギターソロと、Яyoの打ち込みも含めたドラミング。打ち込みも全部Яyoが作っているし、総監督もЯyoなので、その辺のバランスや並べ方や展開も含めて数段パワーアップしたギルガメッシュが詰まっている感じです。なのでぜひ聴いてくれたら嬉しいなぁなんて思います。

――ご自身的には何かありました?

愁:ご自身的にはですね、今回、他の楽器がより綺麗に出るようなベースラインを鍵盤を使って考えました。今までの自分の中にはなかったものができたので、成長が見える作品になったかなと。

――じゃあ今回の作品で愁さんのバリエーションがさらに増えたということで。

愁:そうですね。バリエーションも増えたしライヴではやべーなということで今からライヴに向けて練習したいなと。

――あ、そっちの意味のやばいですか(笑)

左迅:やっべーやっべーみたいなね(笑)

愁:(笑)よく聴くと細かいことをやってるので、その辺はしっかりみんなで合わせていきたいです。

――左迅さんは?

左迅:歌詞が人と人の絆を歌っているので、絆を大切にしろよとアツく俺は投げかけます…(笑)。テーマとしては絆だったり、楽しいことも一人より大勢でいた方が何倍も楽しくなるし、悲しいことがあったときも誰かが近くにいてくれれば壁を乗り越えられたりすると思うので、そういう関係性をすごく大事にした歌詞になってますね。曲もすごく温かみがあるので、歌詞も大事に書きました。

――今回すんなり書けたんですか?

左迅:めちゃめちゃすんなり書けました。毎回、禿げる位悩むんですけどね(笑)。いつもメロができてから書くんですけど、今回はメロをつける段階で歌詞も一緒にできたのでものすごくすんなりできました。

――弐さんは苦心の作だと言っていましたが、一枚のアルバムでも違うんですね。

左迅:そうですね。でもみんな見ているものは一緒だったから、完成して迷いもなく、『GO』っていうタイトルをつけたんだと思います。

――ところで、『GO』製作中に時々ツイートされる仮タイトルがすごく気になっていたんですけど、どの仮タイトルがどの曲だったんですか?

Яyo:なるほど。気になりますか。じゃあ一個ずつ。

(※ここでЯyoさんが素敵な仮タイトルの数々を真顔で解説)

全員:爆笑

Яyo:ここオフレコでお願いします(笑)

――(笑)結構インパクトのある仮タイトルですけど、歌詞はこの段階で書くんですか?

左迅:いやいや、俺は仮タイトルはシカトしてるんで。

Яyo:タイトルが決まった後、仮タイトルを言うと左迅が怒るんですよ。

左迅:そりゃそうだろ!(笑)

■今回は何事もなく、気持ちよく周りたいです。本当に!(弐)

――2月5日には市川での凱旋ライヴですね。

愁:初ホールワンマンをやるならどこだろうと考えたときに思い入れのある会場を選んだんです。

Яyo:でもライヴのスタイルは変わる必要はないかなと。ホールだからって縮こまる必要はないと思うので。ホールだからこそできることはどんどんやっていこうと思ってます。

弐:思い入れのある会場なので、来てくれたお客さんにも特別な思い出になるようなライヴができればと思いますね。まぁ演出はこれから考えますけど、良いライヴにしたいなと。

愁:『GO』をしっかりライヴでやるのがこの日だと思ってます。2010年の集大成も出したいなと思うし、ワールドツアー前の行ってきますという気持ちもありつつ。

左迅:やっぱりホールになると、椅子もあってお客さんとの距離も離れるんですけど、リスナーとギルガメッシュとの絆みたいなのも歌っているアルバムだったりするので、このライヴが終わったときにみんなの心が温まってくれたらなと。いつもどおり想いを込めてみんなに歌を届けたいですね。

――海外の話が出ましたが、日本と海外でのライヴには何か違いがありますか?

Яyo:まずボロいです。壊れてて当たり前。音にも制限があるし。日本の環境が良すぎるんですよ。長く海外にいると精神的にかなり鍛えられると思います。あと、盛り上がる曲が違うんですよね。向こうはローテンポな曲の方が盛り上がるんですけど、アップテンポだと逆に戸惑っちゃう。今回の『GO』だったら2曲目の「destiny」とかは盛り上がると思うんですけど、「Never ending story」とかは戸惑っちゃう人がいるかも。逆にモッシュサークルができるんで。

――意外ですね。特に音の面では海外の方が良いかと思ってました。

Яyo:こいつ(弐)が一番大変な目に遭ってるかも。

弐:12時間かけてドイツに着いて、大型のフェスで演奏してたらいきなり“ブッ”て電源が落ちて(笑)。2回ヨーロッパツアーを周って2回ともそうだったので、「またか」みたいな。

――被害者は弐さんだけ?

弐:まぁ俺ですね。

Яyo:あとは同期で流してるシーケンスが吹っ飛んだりとか。電圧が不安定なんですよね。なのでちょっとやそっとのことで動じなくなりました。

弐:でも今回は何事もなく、気持ちよく周りたいです。本当に!

■気合い入れではオカマになります(左迅)

――ライヴ前って緊張したりします?

Яyo:良い緊張はしますよ。アゲアゲな感じになって。

左迅:気合い入れではオカマになります。

弐:「いくわよアンタたち!」(裏声)みたいな(笑)

愁:「AKB~48!」とか(笑)

Яyo:他のバンドさんとは違いますね。かなり笑えますよ(笑)

左迅:まぁこれで現場がリラックスできればなと。

――ではここで、アルバムリリース、初ホールワンマン、2年ぶりの海外ツアーと盛りだくさんな2011年の抱負を聞かせてください。

Яyo:今年は1週間で1曲作る。今の作曲ペースよりかなりあがるんですけど、楽器に毎日触れてないと新しいものって生まれないので。早く作っていっぱい愛情をかけたいです。

弐:アルバムも出るんで『GO』にちなんで、いけいけGOGO!な感じで過ごしたいなと。

左迅:2010年はいろんな葛藤もあって、“ギルガメッシュらしさってなんだろう”っていうのをすごく考えたんです。このアルバムで答えが出せた充実感があるので、今年はそれを思いっきり爆発させる年にしたいですね。

――では最後、愁さんに締めていただきましょう!

愁:えーと、ギルガメッシュは全世界が注目しているバンドだと思うんで…。そういう情報はいっぱい入ってくるし…。世界各国からオファーがすごくて…。その中でも選ばれた国たちは本当に幸せだなと…。

全員:(爆笑)

左迅:上から目線だ(笑)

愁:全世界のファンの子達に会えるのが楽しみですね。札幌の子もロシアの子もきっと同じ気持ちで待っていてくれていると思うので。まぁ初心を忘れず、今までどおり貫き通して勢いを忘れず2011年からスタートできたらなと思っております。

――お~!(拍手)

弐:ロックスター、良いこと言うなぁ。

愁:いっぱい“(笑)”って入れといてくださいね(笑)

(文・後藤るつ子)

ギルガメッシュ

<プロフィール>

2004年から地元千葉県で左迅(Vo)、弐(G)、愁(B)、Яyo(Dr)の4人で活動を開始。ヘヴィなミクスチャー・サウンドは海外でも評価が高く、欧米からのライヴ・オファーが相次ぐ。2010年10月、FALL TOUR 2010 at 横浜BAY HALLで2011年の「三大計画」を発表。1月26日5thアルバム『GO』リリース、2月5日(土)市川市文化会館大ホールでの凱旋公演“CHIBA”、そして3月からはWORLD TOUR 2011″Here we go !!”が決定。2011年もギルガメッシュから目が離せない!

■オフィシャルサイト
http://www.girugamesh.jp/

【リリース情報】

激アツ盤
(2CD+DVD)
¥5,555

通常盤
(CD)
¥3,150

『GO』
2011.1.26発売
(デンジャー・クルー・エンタテインメント)

ギルガメッシュ5枚目のアルバムは彼らの音楽センスを存分に堪能できるバラエティに富んだ1枚!
【収録予定曲】
<CD>
[DISC-1]
01. Opening
02. destiny
03. EXIT
04. MISSION CODE
05. COLOR
06. 13 days(※通常盤のみ収録)
07. 見えない距離
08. 再会
09. Calling(※通常盤のみ収録)
10. Never ending story
11. イノチノキ

[DISC-2]
FALL TOUR 2010 TOUR FINAL at Yokohama Bay Hall
now(intro) / bit crash / NO MUSIC NO REASON / Endless wing / 睡蓮 / CRAZY-FLAG
Dance Rock Night / driving time / DIRTY STORY / Break Down / shining / arrow

<DVD>(120分収録)
*FALL TOUR 2010ドキュメント
*G-TRAVEL 2010 in SUMMER
*2010裏ギルガメッシュ総集編
*COLOR/イノチノキVIDEO CLIP