インタビュー

DAIGO

ロック/ポップ、クール/ラブリー。
DAIGOがソロ3rdシングル『CHANGE !!/心配症な彼女』で魅せた二面性。

昨年からソロ活動をスタートさせたBREAKERZのヴォーカリストDAIGOが新たに世に放つのは、映画「劇場版カードファイト!! ヴァンガード『3つのゲーム』」の主題歌に決定している、ギターサウンドが印象的なロックナンバー「CHANGE !!」と、90年代をイメージしたというラブリーでポップな「心配症な彼女」の両A面シングル。メンバー各々のソロ活動も1年半が経過し、今年はBREAKERZ初のカウントダウンライブが決定している中、リリースされるソロ最新作について、DAIGOに話を聞いた。

◆何事も全力で取り組むという姿勢は変わらない

――7月26日に Zepp Tokyoでの「ソロ報告会ライブ」がありましたが、率直な感想を教えてください。

DAIGO:僕も準備をしながら他のメンバーのステージを観ていたんですが、SHINPEIもAKIHIDEさんも、ソロプロジェクトでやってきた音楽をすごく表現していて、SHINPEIらしい、AKIHIDEさんらしいライブを観られたし、今までやってきたこと、今こういうことをやりたいんだろうな、というものが全部見えたライブだったと思いますね。三者三様で、それぞれ1年半くらいやってきたプロジェクトの中間報告をできたライブでした。あとは、ノリで久しぶりにBREAKERZで3曲やって、本当に楽しかったので、改めてバンドって楽しいなと思ったし、結果的にBREAKERZの7周年のタイミングだったんですけど、みんなでお祝いできて、ハッピーな一日になりましたね。

――DAIGOさんとしては、ソロ1stシングル『いつも抱きしめて/無限∞REBIRTH』(2013年7月31日)のリリースからちょうど1年というタイミングだったんですよね。

DAIGO:そうですね。

――ソロ活動をスタートしてからここまでの1年半で、ファンの皆さんの反応など、身の回りの変化はありますか?

DAIGO:今思うのは、ソロはソロでそれぞれやりたいことをやっていて、それもそれでいいなと思ってくれる人が増えている感じはしますよね。それと同時に、ソロをやっていることを今知る人もいたり、まだ知らない人もいたりするので、BREAKERZも含め、もっともっと浸透させていきたいなと思いますね。

――今作は3枚目のシングル、アルバム含め4作目となります。1stアルバム『DAIGOLD』(2014年3月5日リリース)は、パーソナルな部分をさらけ出すような、今まで生きてきた集大成ということでしたが、それを経ての今作、どんな思いで制作に臨みましたか?

DAIGO:アルバムを出して一つの区切りが付いて、自分の中で新たに色々なアイディアも出てきたりして。でもやっぱりソロならではのことはやっていきたいな、というのは基本的にありますね。そんな中で、映画「劇場版カードファイト!! ヴァンガード『3つのゲーム』」の主題歌に決まっていたので、どういう曲がいいかなと思って。元々「CHANGE !!」という楽曲の原型はあったんですけど、ちゃんとは作っていなかったんです。

――原型はいつ頃からあったんですか?

DAIGO:たぶん2年前くらいかな。今回の映画に結構合いそうだなと思って、ちゃんと作って、ぴったりな曲ができました。

――映画「劇場版カードファイト!! ヴァンガード『3つのゲーム』」はDAIGOさんが主演を務めていますが、演技というものは慣れましたか?

DAIGO:んーー…、もちろん歌とは違う表現ではあるんだけど、“慣れる”ということはそうそうないと思いますね。映画を観てみて、自分的にはやっぱり最初やっていた頃よりは、ちょっとは慣れてきてるのかな、と思いますけど。まぁ将来的には、役者業メインになったりするかもしれないし(笑)。そういう色々な可能性を秘めているなと、自分に対して思いますね。

――最近は声優もやっていますしね。(※TOKYO MX、テレ玉他にて現在放送中の『LOVE STAGE!!』で、人気バンド「CRUSHERZ」のヴォーカル瀬名聖湖役を担当)

DAIGO:そうですね。俺は一生懸命やっているだけなんですけど、周りが評価してくれるので。自分では向いてるとかわからないですけど、周りがそれだけ言ってくれるなら、自分ってマルチなのかな?って思っちゃったりしますよね。

――まさにマルチだと思います。

DAIGO:俺は思ってないですけどね(笑)。周りが言ってくれるんです。とにかく、自分としては何事も全力で取り組むという姿勢は変わらないです。

◆新しいチャレンジではありました

――2ndシングル『BUTTERFLY/いま逢いたくて…』(2013年12月4日発売)、アルバム『DAIGOLD』と派手な衣装が続きましたが、今回は今までで一番ロックミュージシャンらしいですね。一番のお気に入りポイントはどこですか?

DAIGO:今まで派手な衣装が続いていて、今回はちょっと削ぎ落とした感じで、曲調もギターロックのかっこいいサウンドなので、ちょっとパンキッシュな服とかもやってみようかなと思って。ヴィジュアルはギターをキーアイテムとして使っていこうというのを決めて、作ってみました。やっぱりギターを弾くというのは、BREAKERZではなかなかできないことなので。もし俺が弾くとしたらトリプルギターになっちゃって、音もうるさすぎて自分の声が全く聴こえなくなっちゃったりしたら本末転倒だし。それは避けてきたので、ソロならではの表現としてギターを持つというのは、一つの新しいチャレンジではありました。

――「ソロ報告会ライブ」でも「CHANGE !!」を披露していますが、ライブでの手応えはいかがでしたか?

DAIGO:やっぱりこのビート感の曲というのは、自ずと盛り上がりやすいものでもあるし、キャッチーな曲でもあるので、今のところすごく手応えはいいなと思っています。俺的にはすごく気に入っている曲ですね。

――今後もライブで「CHANGE !!」を披露する際は、必ずギターを?

DAIGO:そうですね。ただね…このギター、重いんですよ。重いから、日によっては途中で置いちゃうかもしれないけど(笑)。でも自分のギターだし、この状態のものを市場で今見つけるのはなかなか難しいくらいの、ビンテージのギターなので、置く時はそーっと置いて、投げたりは絶対しない。

――(笑)。いつ頃から持っているギターなんですか?

DAIGO:3~4年前かな、忘れちゃったけど、親戚がギターのコレクターで、1本プレゼントしてくれたんです。だから、すごく大切に扱っています。

――「CHANGE !!」はSHINPEIさんのアレンジということで。『DAIGOLD』でもAKIHIDEさんがギターで参加、SHINPEIさんがアレンジとギターで参加していましたが、今回SHINPEIさんがアレンジを担当することになった経緯とは?

DAIGO:元々デモを作っている時にSHINPEIが作っていて。その流れでやってもらったという感じですね。以上です!

――(笑)。自然な流れだったんですね。

DAIGO:そうですね。あと、その頃あいつも暇そうだったから、ちょうどいいなと思って(笑)。そんな感じです(笑)。

――ギターでも参加しているんですか?

DAIGO:ギターも弾いていますよ。その頃、MUSCLE ATTACK(SHINPEIのソロプロジェクトのバンド)のツアーが終わって、ちょうど暇そうだったから、やりやすかったですね(笑)。この楽曲に入ってるギターは、全部SHINPEIが弾いています。

――『DAIGOLD』の制作時に、AKIHIDEさんとSHINPEIさんに対して、ギタリストとしての素晴らしさを改めて実感したと言っていましたよね。

DAIGO:今回はね、想定内に収まっています(笑)。良い意味で(笑)。

◆愛情表現の一つだと思う

――打って変わって「心配症な彼女」は、シティポップのような、これまでのDAIGOさんにはないタイプの楽曲ですが、こういう意外性がDAIGOさんらしいなとも思いました。どのようなところから生まれた楽曲なのでしょうか?

DAIGO:『DAIGOLD』で「ジェラルミン」という、男性が嫉妬する曲を書いたんですけど、その逆バージョンで、女性側が男性に対して心配しちゃうというパターンの曲を書いてみようと。最初にタイトルがパッと浮かんで、そこから最初のサビの部分が出来て、という感じですね。イメージ的には90年代の前半の頃のような、ファンクな部分もあるんだけどポップな部分もあって、という曲調にしたかったので、アレンジャーの飯田(匡彦)くんに頼んで、その通りの曲になりました。今の若い世代の人が聴いたら、新鮮に思ってくれるかもしれないし、僕くらいの年代や、もう少し上の方からすると、懐かしいと感じるかもしれない、イメージ通りのすごくラブリーな、可愛らしい曲になったなと思いますね。

――ホーンセクション、コーラスも印象的ですね。

DAIGO:この曲は曲調といいアレンジといい、本当にソロならではの、ソロらしい曲ができたなと思いますね。歌っていて楽しいし、すごくハッピーな曲になりました。

――MVもハッピーオーラが溢れていますよね。

DAIGO:衣装とか、チャップリン的なイメージだったんですけど、すごく色々なカットがあって楽しめるMVになりましたね。クールな「CHANGE !!」と打って変わって、キュートな「心配症な彼女」と、すごく違う面を見せられたなと思います。

――「心配症な彼女」のMVで、ステッキをバトンの様に回すのが上手で驚きました(笑)。

DAIGO:あれは、全部撮り終わったあとに、ノリで良い意味で真剣にふざけたものを最後に1テイクだけ撮らせてもらった時に、気付いたらステッキを回していたというか(笑)。無意識に近いんですけど、まぁでも回せてたし、いいかなって(笑)。そういう意味では遊び心が満載の1曲ですね。

――DAIGOさんはご自身を“ジェラルミン”だと常々言っていますが、彼女にもジェラって(嫉妬して)ほしいですか?

DAIGO:んー。多少そういうのがないと、本当に好きなのかな?って思っちゃうかもしれないですね。例えば、心配する必要がないところで心配したりするのは、俺はうんざりしない。逆に、なんか可愛らしいなって思うタイプだから、それはそれで愛情表現の一つだと思うし、好きですね。

◆どんな状況であろうと自分の音楽をちゃんと作っていた

――過去にも、「ROCK THE PLANET」(『BUTTERFLY/いま逢いたくて…』通常盤に収録)、「デイジー」(『いつも抱きしめて/無限∞REBIRTH』通常盤に収録)と、DAIGO☆STARDUST時代の楽曲を新録していますが、今回も「SUPER JOY」の新録が「SUPER JOY 2014」として通常盤に収録されています。この選曲理由とは?

DAIGO:『DAIGOLD』ツアーで「SUPER JOY」をピアノと歌だけでサビから始まるパターンというのをやっていて、それが自分の中ですごく良いなと思ったんです。やるならツアーを経て、ピアノと弦楽器をフィーチャーしたアレンジにして、しっとり歌い上げたいなと、そういうビジョンがありました。

――新たに録り直してみて、いかがでしたか?

DAIGO:9年前にリリースした作品なんですけど、9年前もどんな状況であろうと自分の音楽をちゃんと作っていたんだなと。改めてミュージシャンとして、1曲1曲丁寧に作っていく大切さというのを感じられたし、9年前の曲だけど、古いなという感覚ももちろんなかったです。新たに生まれ変わって、素敵な曲になったなと思いましたね。

――今作のヴォーカル録りで苦労した部分はありますか?

DAIGO:「CHANGE !!」に関しては、歌い出しのところのニュアンスは大事に歌いました。あとは、どうしてもギターと歌だけなので、歌が急いでしまったりというのもあったんですけど、結果的に納得いくものが録れました。「心配症な彼女」は歌ってみると意外と難しかったんだけど、結果的には良くなりました。なので、そんなに苦労したという感じではなかったですね。

――BREAKERZ初のカウントダウンライブが決定しているということで、どんなライブになりそうですか?

DAIGO:そうですね…年越しの時にカウントダウンをするということしか、まだ決まっていないので、実は過ぎていたとかないように、しっかりやらないと。「カウントダウンライブ」って言っちゃってるから、そこだけはしっかり時間通りにやりたいなと思っています。

――まだ約4ヶ月あるということで、ファンの皆さんにはどんな準備をしておいて欲しいですか?

DAIGO:本当に久しぶりのBREAKERZのライブでもあるので、ぜひ全国から集まってもらえたら嬉しいです。カウントダウンを一緒にできる、そして年明けを一緒に迎えられる、そういうスペシャルな、念願のカウントダウンライブでもあります。ファンのみんなと、素敵な2014年の締めくくりと2015年の幕開けにしたいと思っているので、健康第一に生きてもらって、ぜひ大晦日に会いに来てもらえたら嬉しいです。

(文・金多賀歩美)

DAIGO

<プロフィール>

2003年、DAIGO☆STARDUSTとしてメジャーデビュー。2007年7月、BREAKERZのヴォーカリストとしてアルバム『BREAKERZ』でデビュー。1stシングル『SUMMER PARTY/LAST EMOTION』から、シングル14作連続オリコンチャート10位以内にラインクイン。また、BREAKERZとしてこれまでに4度の武道館公演を成功に収めてきた。2013年よりソロ活動をスタート。7月に1stシングル『いつも抱きしめて/無限∞REBIRTH』、12月に2ndシングル『BUTTERFLY/いま逢いたくて…』をリリース。2014年3月、待望の1stフルアルバム『DAIGOLD』をリリースし、全10公演の全国ツアーを開催。また、12月31日には、パシフィコ横浜国立大ホールにて、BREAKERZ初となるカウントダウンライブが決定している。


■オフィシャルサイト
http://daigo-official.net


【リリース情報】

初回限定盤A
(CD+DVD)
ZACL-6031
¥1,600+税

初回限定盤B
(CD+DVD)
ZACL-6032
¥1,600+税

通常盤
(CD)
ZACL-4045
¥1,200+税


『CHANGE !!/心配症な彼女』
2014年9月10日(水)発売
(ZAIN RECORDS)
BREAKERZのヴォーカリストDAIGOのソロ3rdシングル。
ギターサウンドが印象的なロックナンバー「CHANGE !!」と、ラブリーでポップな「心配症な彼女」の両A面。

【収録曲】
【初回限定盤A】
[CD]
1. CHANGE !!
2. 心配症な彼女
[DVD]
「CHANGE !!」MV+Off Shot
封入特典:「カードファイト!! ヴァンガード」PRカード1枚封入

【初回限定盤B】
[CD]
1. 心配症な彼女
2. CHANGE !!
[DVD]
「心配症な彼女」MV+Off Shot

【通常盤】
1. CHANGE !!
2. 心配症な彼女
3. SUPER JOY 2014(※通常盤のみボーナストラック)
※初回生産分のみ「DAIGOカード(全4種の内ランダムで1枚封入)」