News

寺田倉庫、ライブ配信システムを9月1日より提供開始! スペース・配信機材・エンジニアを一括提供し、準備から配信本番までをトータルサポート

寺田倉庫株式会社が、9月1日より、自社イベントスペースの利用者に向けて、安定したライブ配信を可能とするシステムを提供することを発表した。

寺田倉庫は天王洲に9ヵ所のイベントスペースを有し、スター・ウォーズ™の大展覧会 「STAR WARS™ Identities: The Exhibition」 や デヴィッド・ボウイ大回顧展「DAVID BOWIE is」 といった長期大型展覧会から、世界的ブランドのショーや新作発表会など、多種多様なイベントにスペースを提供してきた。新型コロナウイルスの影響を受け、大型イベント、PR発表会などが延期や中止を余儀なくされる状況下においても、「倉庫」の利点である天井高と奥行き、徹底した換気機能を備えたイベントスペースは、ソーシャルディスタンスへの配慮が可能であることから、ライブ配信の中継地としての需要が高まっている。

企業やアーティストによる情報発信の主戦場がライブ配信に移行する一方で、イベント主催者は、ライブ配信導入時の機材選定、技術の習得、管理、運用の負荷等の課題に直面している。寺田倉庫はこの課題を解決し、安定したライブ配信を可能とするため、配信機材に加え、機材操作のエンジニアまでを含むパッケージプランを、天王洲の自社イベントスペース全てにおいて提供する。

プランは予算に応じた3種類(税抜20万円~)を用意。固定カメラ、リモートカメラ、音声モニターなど、撮影と配信に必要な最新機材、機材操作のエンジニアを手配する。また、一部イベントスペースのインターネット環境には、現在主流とされる「IPv4」に比べ、より安定した配信を可能にする「IPv6」を導入。寺田倉庫は、今後も比類なきイベントスペースの展開とともに、イベント主催者のさらなる満足度向上を目指したサポートを提供していく。


【サービス内容について】

天王洲にある寺田倉庫すべてのイベントスペースにおける記者発表、音楽ライブ、ウェビナー、ファッションショー等の撮影、配信インターネット環境の提供、放映時のテロップおよび画像の挿入に加え、イベント終了後の録画データ納品を行います。なお、配信プラットフォームは、お客様ご自身で手配が必要となります。

<プランA>
機材・スタッフともに最も充実しているプラン。6台のカメラを使用し、映像にはテロップの出力も可能。テレビ番組のようなクオリティで配信したい場合に最適です。

<プランB>
4台のカメラを使用し、ライブコンテンツ配信にも対応したプラン。配信専用の音声ミックスにより、リアルに近い感覚で 音声を届けることが可能です。

<プランC>
2台のカメラを使用し、気軽に配信できるプラン。現場PAからの音声を補正し配信可能です。

各イベントスペース詳細
https://www.terrada.co.jp/ja/service/?service_tag=space

お問い合わせ・お申込み
寺田倉庫 イベントプロデュースグループ
E- mail:eventinfo@terrada.co.jp
TEL:070-6476-4687(担当:都筑・橋本・勝村)

寺田倉庫 オフィシャルサイト
http://www.terrada.co.jp/

コメントは停止中です。

<トップへ戻る