ライブレポート

2020.8.23
PENICILLIN 有料配信ライブ
PENICILLIN LIVE 2020「祭り」

今の時代に寄り添う形でPENICILLINが8月23日(日)に行った、初の有料配信ライブ「PENICILLIN LIVE 2020「祭り」」。夏恒例の「”祭り”ライブ」を、今年は無観客でのライブ配信という形を取ったわけだが、PENICILLINらしくライブ配信だからこその楽しみ方を用意。それが、ライブパート/トークパート二部構成というスタイルだ。

千聖のギターが唸りを上げ、O-JIROのドラムがタイトなビートを叩き出し、そこへChiyuのベース音が絡みだす。PENICILLINの配信ライブは、「男のロマンZ」からスタート。無人のフロアへ下り、カメラを前に、視聴者たちをアップな表情でクールに挑発するHAKUEI。目の前にあるのは無数のカメラのみ。でも、その先に大勢の人たちから熱い視線が注がれているのを知っているからこそ、HAKUEIは強い眼差しのKISSを送れば、疾走するビートロックに乗せ妖しく挑発し続けてゆく。メンバー全員が、浴衣仕様の衣装姿なのも、夏祭りらしい光景。O-JIROのお団子ヘアも、とても愛らしい。

勢いを加速するように、PENICILLINは魂を開放するロックナンバー「NEW FUTURE」と「x・x・x」を演奏。たとえ直接のリアクションはなくとも、自分たちで気持ちの熱を発火させ、その感情をダイレクトに突きつける。どんな環境だろうと、触れた人たちを快楽という空間へPENICILLINは導いてゆく。観ている人たちのハートを射抜くように楽曲を繰り出す彼ら。そこがどんな空間だろうと、今がどんな環境だろうが、時代の最前線を走り続けてきたモンスターたちがライブハウスという場に命を吹き込んだとたん、そこは、自分たちの帝国(世界)として塗り替えられてゆく。

続くブロックでは、「Japanese Industrial Students」を通しロックンロールの持つ衝動と高揚を表現。魂を騒がせると言えば良いだろうか、この歌に触れている間、沸き立つ高揚を身体中にずっと感じていた。熱情的な彼らの姿に、同じく、気持ちの内側から込み上がる黒い熱情と官能的な衝動を、彼らは「バラ」や「白髏の舞」に投影。HAKUEIは男の色気を表情いっぱいに漂わせ、視聴者たちを妖しく挑発。千聖のギターも、乱れ狂う感情を音に投影。理性を消し去り、本能が求めるまま、ただただ感情を乱したい。PENICILLINの音楽は、素顔の自分であることを求めてくる。だから大勢の人たち(とくに女性たち)が、淫らな本性を見せながら、HAKUEIの歌声に、PENICILLINの楽曲に身や心を開くのだろう。

Chiyuのベースが唸りを上げる、そこへ絡むO-JIROの切れ味鋭いビートと千聖の歪みを上げたカオスなギターリフ。スリリングな衝動を抱えながら、楽曲は「Melody」へ。初期衝動に満ちた楽曲を、彼らは今も、野生味を持ったざらついた姿として突きつける。その演奏は、心を鋭利な音で切り刻んでゆく。でも、その中へ挿し込む妖しいときめき(歌)に心は快楽を覚え、嬉しい恍惚の悲鳴を上げてゆく。

もっともっと情熱の炎を焚きつけろと、「Rosetta」が煽り立てる。挑発するHAKUEIの歌声が、とても妖しくて毒々しい。酸いも甘いも知った大人たちほど心も身体も乱れてしまうのは、彼らを「愛しすぎて」しまったから!? PENICILLINが突きつけたのが、「イナズマ」だ。この日の彼らは、深い熱情を抱いた歌たちを突きつけ、どんな環境にいようが、お互いに強く結びあった絆は揺るがない姿勢を示してきた。音楽で熱いSEX(抱擁)を交わしあうようなライブだ。改めて深く身体と心で感じあいながら、共に絶頂を求めあおうと、PENICILLINはこの日のライブを開いてくれた。ここまで熱く挑発させられたら、もっともっと淫らに彼らを求めてしまいたくなる。

この日のライブを華麗に華やかに締め括るよう、最後に「ロマンス」を演奏。ここでも彼らは、愛しい仲間たちの愛情を求めていた。なかなか直接触れ合えない環境にいるからこそ、PENICILLINは歌を通し、熱愛してきた。まさに、「完璧に奪われた愛が止まらない」。そんな熱い抱擁(ライブ)で彼らは観ている人たちの心を奪ってイッた。

後半に用意したトークコーナーでは、約半年ぶりにライブを行ったことを話題に3人は話しだす。オンラインライブはPENICILLINとって初めての試み。「これは貴重な経験」とHAKUEIも語っていたように、メンバーにとってもこの日のライブは良い経験になったようだ。O-JIROが「僕らが一番楽しまないと、と思って楽しんでいた」話をしだしたところ、2人から「今日の髪形はプリンセス天功さんのようだ」と突っ込みを入れられていた。今日は、千聖のギャグが飛びだしてないことに対して、「今日のチケット代は安いだろう、そこにギャグ代は入ってない」と巧みにコボケで切り返してくるところも、さすがだ。その後、「生放送でやってるドキドキ、分度器」としっかりギャグを披露。これは千聖なりのプライスレスなサービスらしい。

最後に嬉しい報告を。O-JIROの生誕祭となる「とのさまGIG」が、9月13日にふたたび配信ライブで行われる。まさか、こんなに早く画面越しとはいえふたたび会えるとは…。その日が、今から待ち遠しい。

(文・長澤智典)


【配信ライブ情報】
●PENICILLIN O-JIRO BIRTHDAY LIVE 「とのさまGIG 2020」
公演日:9月13日(日)
START 19:00 ライブ配信スタート予定(18:30からChat機能開始)
アーカイブ視聴期間:9月14日(月)23:59まで
チケット:9月6日(日)12:00〜9月14日(月)21:00
料金:¥5,000(税込)
※プレゼント付き(スペシャル・バースデーフォトカード)

Streaming+とは
https://eplus.jp/streamingplus-userguide/
[問]サイレンエンタープライズ 03-3447-8822

サポートBass:Chiyu(https://amagasaki-rockstar.com/

<PENICILLIN LVE2020「祭り2020」グッズ絶賛受注受付中!>
アイテム:
・フォトセット
・Tシャツ
・アクリルスタンド セット
・エコバック
・クリアファイル&フォトカード

販売期間:8月23日(日)12:00〜9月6日(日)23:59まで
発送予定:2020年10月中旬

DDJ公式通販サイト
https://ddj.official.ec

PENICILLIN オフィシャルYouTubeチャンネル
(「#お家で千聖」、絶賛更新中)
https://www.youtube.com/channel/UCwZb-Yju0wx1ptQi_Clhxlw
「居酒屋はくえい」
https://ch.nicovideo.jp/club-Zy/live

PENICILLIN オフィシャルサイト
https://www.penicillin.jp/
PENICILLIN オフィシャルtwitter
https://twitter.com/PENICILLIN_info

PENICILLINのその他の記事を読む