News

全国のライブ見放題「サブスクLIVE」で「イナズマロック フェス2020」開催決定!

月額580円で全国のライブが見放題となるライブ配信サービス「サブスクLIVE」を使用した滋賀県下最大の音楽イベント「イナズマ ロックフェス2020」が、9月19日(土)に開催されることが発表された。

「イナズマロック フェス」(※以下 イナズマ)は、滋賀ふるさと観光大使を務めるアーティスト・西川貴教が発起人となり、琵琶湖の水質保全と地域創生をテーマに掲げて毎年9 月に草津市烏丸半島で開催している滋賀県下最大の大型野外ライブイベント。開催12回目となる本年は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため草津市烏丸半島での開催を見合わせ、「サブスク LIVE」を使ったオンライン配信にて行うこととした。

開催当日は、滋賀県内で行われる西川の生ライブをはじめ、日本各地のライブハウスで行われる生ライブ、過去の「イナズマ」のライブ映像、これまでに出演したアーティストと西川によるオンライントークの他、チャリティオークションや滋賀県の名産品を購入できる内容となる。イベント詳細は後日イナズマ公式サイトにて発表。


【イナズマロックフェス2020】
https://inazumarock.com/2020/

【580円でライブ見放題!新サービス「サブスクLIVE」とは】

(株)LD&Kが運営事務局となり、プロスポーツ配信で実績のある(株)ディスクベリー・ドット・コム社(東京都中央区)の収録編集システムを導入したライブ配信サブスクリプションサービスプラットフォーム。ユーザーはLINE LIVE内 月額プレミアムチャンネル「サブスクLIVE」に月額580円(税込み)に入会登録し、全国のライブハウスから配信されるLIVEを何回でも試聴できる。

入会方法はコチラから
https://www.subsclive.jp/join

#SAVETHELIVE #音楽はライブだ
会費収益は「サブスクLIVE」プロジェクトテーマであるに賛同する提携ライブハウスに分配することで、コロナ禍で窮地に立たされたライブハウス・アーティストの存続も支援。また、ライブハウスやアーティストの負担が増えない様、来年2021年3月まで配信に関わる機材やオペレーターは事務局が無償で支給し負担する。

<主な機能>
・応援アイテム機能
ユーザーはアーティストにスタンプ型の応援アイテムを投稿し支援が可能。また、サブスクLIVE会員限定グッズやライブコマースなどに参加することも出来る。

<無料キャンペーン開催!!(7月1日〜8月2日まで)>

サービス開始を記念して、7月1日〜8月2日までの期間中、1ヶ月配信視聴無料キャンペーンを開催!! 配信スケジュールも続々と発表されているので、公式ホームページをチェックしてみよう。

サブスクLIVE オフィシャルサイト
https://www.subsclive.jp/
サブスクLIVE オフィシャルTwitter
https://twitter.com/subsclivejp

株式会社LD&K
ガガガSP、かりゆし58、打ち首獄門同好会など日本のインディーズシーンからメジャーシーンまでを知り尽くし、また、チェルシーホテル(東京)、シャングリラ(大阪)などのライブハウスや「宇田川カフェ」「桜丘カフェ」「カフェボヘミア」などのカフェなど全国に30以上の店舗を手がけ、若者文化の担い手として常にトップを走り続けている。
https://ldandk.com

株式会社ディスクベリー・ドット・コム
スポーツや音楽などのライブエンターテイメントの制作から配信までをワンストップで手がける。リモートプロダクション、オフチューブ、VRポストプロダクションなどライブストリーミングなどに適した自社スタジオを有す。
http://www.discberry.com

コメントは停止中です。

イナズマロック フェスのその他の記事を読む

<トップへ戻る