News

GARI、齊藤工監督の新作映画『COMPLY+-ANCE(コンプライアンス)』に書き下ろし主題歌提供!

2020年2月21日(金)からアップリンク吉祥寺、アップリンク渋谷ほか全国で順次公開される齊藤工監督新作映画「COMPLY+-ANCE(コンプライアンス)」の主題歌をGARIが担当することが発表された。

同作は、俳優・斉藤工の別名義「齊藤工」による監督作。『blank13』で長編監督デビューを果たした齊藤工が企画・原案・撮影・脚本・監督ほかを自ら担当した『COMPLY+-ANCE(コンプライアンス)』は、「日本においての表現限界」に挑戦し、問題が起こらないように忖度して控えめにしてしまう今の日本のコンプライアンスにアンチテーゼを投げかける意欲作。

『カメラを止めるな!』でヒロインを演じた秋山ゆずきが主演を務めるほか、アルコ&ピースの平子祐希、ラバーガールの大水洋介、齊藤監督の前作『blank13』にも出演した曇天三男坊らが脇を固める。さらに、『花に嵐』『聖なるもの』で高い評価を集めた新鋭・岩切一空監督、人形アニメーション作家の飯塚貴士監督が参加する。

主題歌となる新曲『UNCENSORED』はVo.ProgrammingのYOW-ROWが撮影現場を訪れ、作品のもつメッセージに共感し、書き下ろされたナンバー。本日、12月2日に公開された特報映像では『UNCENSORED』の一部を聴くことができる。リリース情報などはまだ発表されていないので、今後の続報に注目だ。

そして、GARIの2020年最初のライブが映画公開後の3月13日(金)に東京で開催されることが決定した。

<齊藤工 コメント>
遠縁からの近縁と言う、怒涛の関係地、関係血の中、多大なる理解、
そして最高の楽曲を奏で下さった。

<YOW-ROW コメント>
ご存知の方も居るかと思いますが、某番組による運命的な出会いによってこの作品への参加となりました。
この業界でも〈政治的な配慮〉や〈然るべき手順〉が当たり前の中、
このようなスピード感で具現化した事に大変興奮しております。
そして入り口はそのような形でも〈只の記念試合〉ではなく〈お互いの共鳴〉によるモノである事を証明出来たらなと!


【ライブ情報】
「stir EFX vol.4 – one man -」
2020年3月13日(金)東京・渋谷club asia
開場:18:45 / 開演:19:30
チケット:前売¥4,000(ドリンク代別)

【特報映像Youtube GARI version】

A Takumi Saitoh Film 『COMPLY+-ANCE コンプライアンス』
http://complyance.tokyo

GARI オフィシャルサイト:http://www.gari.net
twitter:http://www.twitter.com/GARI_OFFICIAL
facebook:https://ja-jp.facebook.com/garijp

コメントは停止中です。

GARIのその他の記事を読む

<トップへ戻る