News

BOØWY『LAST GIGS COMPLETE』発売を記念した上映会開催!

BOØWY絶頂時の突然の解散宣言を受けて翌88年に行われた、東京ドームギグ2DAYSを初の全曲収録ライブCD『LAST GIGS -THE ORIGINAL-』が6月12日に発売されることを記念し、4月4日に都内渋谷区にあるライブハウス“REX”で『LAST GIGS –THE ORIGINAL- SPECIAL NIGHT IN SHIBUYA』が開催された。

冒頭、先ずは意表をついて上映された『1224 -THE ORIGINAL-』のBlu-ray映像でファンの意識は瞬時に1987年12月24日、つまりBOØWYファンにとっては伝説となったヴォーカル氷室京介による解散宣言が行われた渋谷公会堂へタイムスリップしたかのようだった。アンコールで告げられたその解散宣言から、畳み込むようなパフォーマンスで披露された最後の曲「DREAMIN’」。その余韻も覚めぬスクリーンへ大きく映し出されたのは、翌12月25日に全国紙へ掲載されたBOØWYからのメッセージを告げる新聞広告。そこには「最後のGIGS(イベント)は、必ず来年プレゼントします。」と大きく書かれていた。

そしていよいよイベント本編の開始。ここでMCのふくりゅう氏が会場のファンに尋ねたのは、31年前に東京ドームでこの「LAST GIGS」を実際に体験した人の人数。なんと当時プラチナ・チケットになったこのGIGに参加した方は、会場のREXに8名しかいなかった。

ここでシークレット・ゲストの佐伯明氏が登場。佐伯氏はBOØWYの現役時代にメンバーを何度も取材したり、数多くのGIGを観たりしてきた音楽文化ライター。「12月24日からの約3ヵ月はなんとも微妙な時間でした。今日は31年目の同窓会という気持ちで参加しました」とファンの代表の様なコメントでトークショーはスタート。実際に東京ドームでLAST GIGSを体験するまでは、「BOØWYは解散したんだよね…という思いを清算しきれない時間でした」と、今でいう“BOØWYロス”状態だったことを明かした。

「LAST GIGSの会場が東京ドームにセットされたことが体験のないこと。超巨大な会場でどんなライブをやるのか想像するのが楽しみ、と同時にライブハウスでライブを続けてきたBOØWYのイメージが変わってしまうかもしれないことも怖かった。でも蓋を開けたら一度終わらせたバンドをもう一度蘇らせるようなライブだった」「できたばかりの東京ドームの大きさと、モニター・システムなどがまだ不完全で、メンバーもスタッフも苦労していた。東京ドームは広いため、2階席、3階席のオーディエンスに伝わるまでに数秒かかる。なおかつ何度も反射する。そんな状況のなか必死に克服しようとするメンバーに感動した」「渋谷公会堂で解散宣言をしたBOØWYは僕のなかでは終わったバンド。そのバンドが東京ドームでベストのパフォーマンスをしようと努力する姿を見て、これは始まりなのではないか、という混濁した気持ちだった。BOØWYが再結成しないこと、整理整頓しないこと、それが魅力にもなっていてファンが増えている。観られなかったからこそ、ひきつけられるということ。写真や映像の中でしか見られない、ある意味幻想にもなった存在で、リアルとファンタジーの境目のバンドという気持ちをファンと共有したい」と当時を懐かしむ場面もあり、トークショーの前半は終了。

ここでライブハウスならではの迫力の音響設備で、LAST GIGS本編冒頭の3曲、「「B・BLUE」「ハイウェイに乗る前に」「BABY ACTION」を試聴し、ステージに更にスペシャル・シークレット・ゲストとしてBOØWYのドラマー、高橋まことが登場した。

佐伯氏のアカデミックな話から一転、氷室京介とLAST GIGS前に東京ドームのHOUND DOGのライブを事前に観たと、いきなり当時のエピソードを披露するなど、ノリノリな高橋まことのトークが炸裂。「ドラムセットからはみんながアリにしか見えなかったんだよ」「東京ドームは渋谷公会堂とは音が全然違う。俺は家にあるスピーカーのデカいのを横に置いてもらってモニターにしたけど、ほかの3人は小さいモニターで何も聴こえない」「解散したバンドがモニターが聴こえないって言って、初日終わってミーティングだよ。真面目なバンドだよ」「みんなを招集してミーティングしていることが不思議だった。またバンドをやるんじゃないかと思ってしまった」「(12月24日の解散宣言の後に)事務所から1月に招集がかかった」などと、メンバーでしか知りえないエピソードを次々と披露。

また今回のライブCD『LAST GIGS -THE ORIGINAL-』に関しては、「LAST GIGS東京ドームの2日間は気持ちや思いの違いがやっぱりあって、それが音に出ていると思う。ぜひ聴いてほしい」と語り、「31年前のLAST GIGSが今も聴かれている。ここまで持続力のあるバンドは他にいない、そんなBOØWYに関われてうれしい、ありがとう!」とファンへの感謝のコメントを残してステージを去った。

最後はBlu-ray『LAST GIGS』から氷室京介の「俺らは、まだまだ伝説になんかなんねーぞ」という名セリフが聴ける「ON MY BEAT」から「BLUE VACATION」「RENDEZ-VOUS」「ホンキー・トンキー・クレイジー」「NO.NEW YORK」と、当時のアンコール曲の映像を再び大スクリーンで鑑賞して、約2時間のイベントは終了した。

『LAST GIGS -THE ORIGINAL-』

『LAST GIGS -1988.04.04-』

『LAST GIGS -1988.04.05-』


【リリース情報】
●BOØWY『LAST GIGS -THE ORIGINAL-』
2019年6月12日(水)発売

UPCY-9907 ¥8,200(税抜)
仕様:CD4枚組+特製2WAYトートバッグ+ステッカー封入、BOX仕様、プレイパス対応

購入リンクまとめ
https://lnk.to/LAST_GIGSPR
https://store.universal-music.co.jp/product/upxy9907

●BOØWY『LAST GIGS -1988.04.04-』

UPCY-7572/3 ¥3,241(税抜)
仕様:CD2枚組、プレイパス対応
https://store.universal-music.co.jp/product/upcy7572

●BOØWY『LAST GIGS -1988.04.05-』

UPCY-7574/5 ¥3,241(税抜)
仕様:CD2枚組、プレイパス対応
https://store.universal-music.co.jp/product/upcy7574

リミックス・エンジニア:坂元達也

<収録曲 *1988年4月4日>
・『LAST GIGS -THE ORIGINAL-』/『LAST GIGS -1988.04.04-』に収録
PROLOGUE
B・BLUE
ハイウェイに乗る前に
BABY ACTION
BAD FEELING
1994 -LABEL OF COMPLEX-
DRAMATIC? DRASTIC!
MARIONETTE
わがままジュリエット
LONGER THAN FOREVER
CLOUDY HEART
WORKING MAN
PLASTIC BOMB
JUSTY
IMAGE DOWN
BEAT SWEET
NO. NEW YORK
ONLY YOU
DREAMIN’
-アンコール-
BLUE VACATION
ホンキー・トンキー・クレイジー
RENDEZ-VOUS
ON MY BEAT

<収録曲 *1988年4月5日>
・『LAST GIGS -THE ORIGINAL-』/『LAST GIGS -1988.04.05-』に収録
PROLOGUE
B・BLUE
ハイウェイに乗る前に
BABY ACTION
BAD FEELING
1994 -LABEL OF COMPLEX-
DRAMATIC? DRASTIC!
MARIONETTE
わがままジュリエット
LONGER THAN FOREVER
CLOUDY HEART
WORKING MAN
PLASTIC BOMB
JUSTY
IMAGE DOWN
BEAT SWEET
NO. NEW YORK
ONLY YOU
DREAMIN’
-アンコール1-
ON MY BEAT
BLUE VACATION
RENDEZ-VOUS
-アンコール2-
ホンキー・トンキー・クレイジー
NO. NEW YORK

【“LAST GIGS”とは…】
①BOØWYが人気絶頂のまま解散し、行ったライブである。
BOØWYの活動は、集客がわずか数十人のライブハウスからすべてが始まり、たった6年間という驚くべきスピードで音楽シーンを上りつめ、“LAST GIGS”にて完成直後の東京ドーム2日間(1988年4月4日、5日)計10万人を動員して終わる。チケット争奪戦によって文京区の電話回線がパンク、2日分のチケット10万枚は10分でソールド・アウトするなど、“LAST GIGS”はまさにその勢いが最盛の時に行われたライブであった事を意味している。

②ライブ・アルバムにも関わらず100万枚を超えるセールスを記録
ライブ開催から1ヶ月後に発表されたこの『LAST GIGS』が、スタジオ・レコーディング作品ではないにも関わらず100万枚を超えるセールスを記録したことは、今でも稀有な記録である。
当時、東京ドームに来られなかったファンに向けて一日でも早く音源を届けたいという想いで、最速で店頭に並ぶサイズの作品として選曲し制作されたのが88年5月3日に発売されたオリジナル盤の『LAST GIGS』であり、BOØWYにとって初のミリオンを超える作品となった。この作品で第3回『日本ゴールドディスク大賞』(1989年)邦楽部門のアーティスト・オブ・ザ・イヤーを受賞している。

③BOØWYにおける王道的選曲
“LAST GIGS”はファンに対する深い感謝の意味合いが大きいライブであり、その選曲もまさに王道的と言える内容であった。つまりベスト・アルバム的な感覚で楽しめる“ライブ・アルバム”である。

④BOØWYの本当のラストシーン
“LAST GIGS”は“BOØWY”というROCK史上最強のバンドの、最後の瞬間である。今作は “LAST GIGS”の完全版であり、氷室京介による余りにも有名な「まだまだ伝説になんかなんねーぞ!」等、MCも完全収録される。1988年4月5日の東京ドームにいた5万人だけが目撃する事ができたBOØWYの本当のラストシーンが、31年の時を越えて明らかになった。

BOØWY オフィシャルサイト
https://boowy35th.com/
ユニバーサル ミュージック BOØWY
https://www.universal-music.co.jp/boowy/
Facebook
https://www.facebook.com/BOOWY35th/
Twitter
https://twitter.com/boowy35th
BOØWY HUNT
http://sp.boowyhunt.com/

コメントは停止中です。

BOØWYのその他の記事を読む

<トップへ戻る