News

WING WORKS×KING RYO、ツーマン『機密の花園』特別対談インタビューを実施!

『ENTITY』

WING WORKSが2月3日(日)リリースの2nd Album『ENTITY』の発売を記念して開催するツーマンシリーズ『機密の花園』。本日はその3本目となるKING RYOを迎えての、己の生き様を貫くボーカリスト同士によるスペシャル対談をお届けする。

WING WORKS主催の2マン・イベント・シリーズ『機密の花園』の第3弾は、元LAIDのボーカリストRYOによるプロジェクトKINGを迎えて開催される。20年以上にわたってシーンの中核を担い、ボーカリストとして高い評価を得ているRYOは、RYO:SUKEにとって尊敬してやむことのない存在だという。今回の対談でもRYOが語る深い言葉の数々に、RYO:SUKEがじっと聞き入る姿が印象的だった。

純粋に今のRYOさんと何か一緒にしたいという気持ちがすごく大きい(RYO)
――まずは、お二人の関係性について話していただけますか。
RYO:元々は僕がサポートをしてもらっているドラマーの(前川)慎吾が、引き合わせてくれたんです。
RYO:SUKE:慎吾さんにはWING WORKSのサポートをしてもらっていた時期もあって、そのご縁でRYOさんを紹介してくれました。
RYO:そうやって知り合って、再会したのが去年の春頃の『ViSULOG』の番組のときだよね?
RYO:SUKE:はい。ニコ生でやっている『ViSULOG』の番組でRickyさんがソロ・アーティストの特番をやられて、そのときにRYOさんもいらして、僕も出させていただいて、そのときに初めてちゃんと挨拶をさせてもらったんです。だから、RYOさんとは昔から親しくさせてもらっているわけではなくて。今回WING WORKSの対マン・シリーズ『機密の花園』にRYOさんを誘わせていただいたのは、そこに意味があるんです。『機密の花園』は、結果的に同期とか後輩のバンドとかもいますけど、最初は先輩の胸を借りる2マンにしたいと思っていたんです。そうなったときに、RYOさんのことを思い出したんです。これはあえてはっきりとお伝えしたいんですけど、僕はRYOさんのキャリアのファンだったという訳ではないんです。
RYO:そうだったんだね。
RYO:SUKE:はい。僕はヴィジュアル系がTOP10に入るような時期に目覚めた世代で、もちろんLAIDさんのことは知っていましたけど、メジャー感のあるバンドよりも世界観重視のバンドが好きだったんです。だから、LAIDさんのファンではなかったし、自分が少女-ロリヰタ-23区としてアーティストとして世に出る側になってからも、その系譜の中で活動してきたんです。ただ、ソロ・アーティストになると、ヴィジュアル系ではないミュージシャンの輪というのが広がりますよね。RYOさんもそうであるように、僕もバンド形態でソロをやりたいというのがあったから、サポートをお願いする形で、いろんなミュージシャンの方とご縁ができたんですね。そういう中で、慎吾さんにドラムをお願いする機会があって、そのときに自分は慎吾さんやRYOさんが辿ってきた、いわゆる“ソフビ系”は全く通ってこなかったなとあらためて思ったんです。
RYO:その感覚は、わかるよ。LAIDは、ヴィジュアル系ではなかったかもしれないから。だって、ヴィジュアル系と呼ばれているのは黒いほうの人達だよね。メイクが濃くて、パフォーマンスもバンドのイメージに特化させていて…という。それに対してLAIDというのは、“小ぎれいな姿でステージに上がっているバンド”だったんだ。そういうバンドは他にもいて、たとえばBOOWYもメイクをしていたけど、彼らはヴィジュアル系ではないよね。LAIDも、どちらかというとそういう系統のバンドで、自分達がヴィジュアル系と呼ばれていいんだろうかという気持ちがあった。でも、ヴィジュアル系のイベントに呼ばれたら参加するし、そうかと思えばパンキッシュなイベントにも参加するみたいなことを結構やっていたんだ。それはKINGになってからも変わらなかったから、ちょっと特殊だった気がする。だから、コアなヴィジュアル・フリークは興味を持たなかったと思うんだよね。
RYO:SUKE:そうなんですよ。だから、「昔からRYOさんのファンだったんです! 僕もアーティストになれて、一緒にできて嬉しいです!」ということではなくて、純粋に今のRYOさんと何か一緒にしたいという気持ちがすごく大きいんです。今RYOさんがおっしゃったヴィジュアル系じゃないのにヴィジュアル系の中にカテゴリーされていたとなったときに、じゃあRYOさんは何で戦っていたかというと「音楽と歌の力そのもの」だと思うんです。いい楽曲と確かな歌唱力、確かな演奏力。それに対して僕は最初世に出た時はそこじゃなくて、ヴィジュアルだったり、パッケージとして面白いかというようなところ……要は、エンターテイメント性の部分をとにかく重視していたんです。でも、ソロになって、自分はエンターテイメントの部分だけをがんばってきていて、ミュージシャンとしての土台が薄いまま一度サクセスしてしまったなと。しかも、歌うのは初めてだったわけですし。
RYO:ミュージシャンにとってパートが変わるというのは、すごく大きなことだよね。僕は、それだけでもRYO:SUKE君はすごいと思うよ。
RYO:SUKE:初めてすぐに、現実の厳しさには気づきました。そういう中で、去年『ViSULOG』の番組でRYOさんの歌が流れたときに、“本物のボーカリストだ”と一聴して思ったんです。それで、本当に胸を借りるという意味で、今回の『機密の花園』に誘わせていただいたんです。
RYO:なるほど。自分のことを話すと、世の中には歌がうまい人はいっぱいいるよね。そういう中で何が大事かというと、僕は“誰が何を歌うか”ということじゃないかなと思って43才になろうかというこの年齢でどんなROCKを歌おうかと考えたときに、一番シックリくるのは聴いてくれた人が“まだ自分もやれるんじゃないか”と感じるようなものじゃないかなと思ったんだ。それだけを歌うということではなくて、それを中心に置いて幅広さも見せたいなと。それに、言葉のパンチ力みたいなものを意識しているというのもあって、“飛ぶ言葉”を歌うために、そこにつながる言葉を積み重ねていくという歌詞の書き方をしている。ただ、いろんな曲がある中で一番伝えたいことは、“俺もがんばる。みんなもがんばろう”ということなんだ。だから、僕の音楽を聴いてくれた人に「がんばってるよ」と言わせたら、勝ちかなと思っている。自分はそういう人でいたいし、そこはブレてはいけないなと思っているんだよね。
RYO:SUKE:RYOさんの歌を聴いたときに、自分というものを持って長く歌ってきた人なことがすぐに分かったんです。自分というものに昨日や今日気づいたんじゃなくて、ずっと自分を表現している人だなと。僕もここにきて、音楽を続けていくには自分もそうなりたいと強く感じていて。だから、RYOさんと同じステージに立ちたいと思ったんです。
RYO:そういうことであれば、今の僕のライブをRYO:SUKE君に観てもらえば、なにかしら感じてもらえるものはあると思うよ。

◆数字とか、輝きとではない向こう岸というものがあると思っている(RYO:SUKE)

――RYOさんはWING WORKSには、どんな印象を持たれていますか?
RYO:僕はWING WORKSを聴いて、狂気を感じたんです。だから、今RYO:SUKE君のルーツを聴いて、なるほどなと思いました。でも、その中にもいろいろと学んできたことが入っていて、トータルでいうと独自の“ミクスチャー”ですよね。’90年代に流行ったミクスチャーをやっているということではなくて、いろんな音楽の要素を融合させるという言葉本来の意味で。だから、ヴィジュアル系……といっても、今はどのラインがヴィジュアル系になるのかはわからないけど、それを超えているかなと感じています。ヴィジュアル的なものも、サウンド的なものも全部ひっくるめて、WING WORKSは純粋にカッコいいと思う。だから、今のスタイルを突き詰めればいいんじゃないかなと思うよ。
RYO:SUKE:ありがとうございます。チェックしてくださっていて嬉しいです。僕はそれこそ歌もまだ始めて7年目ですし、そもそも僕は神様に「お前は歌を歌うべきだ」と言われている人と、そうじゃない人がいたとしたら、自分は神に選ばれた存在ではないと受け入れた上で歌っているんです。
RYO:それは、まだわからないと思うよ。僕のことを、神様が歌うべきだと言ってくれた人だと思ってくれているみたいだけど、僕も輝かしい日ばかりだったわけではなくて。自分が思っているラインまで届かなくていっぱい挫折もしたし、大勢の同期がメジャー・デビューしていく中で、自分は去年までいけなかったし。それでもずっと音楽を続けてきて、最後に自分が“これで良かった”と思えるところまではこれたというのがあって。この気持ちが切れないうちは、歌い続けられるなと思っている。
RYO:SUKE:僕がいきたいと思っているのは、まさにそういうところなんですよ。数字とか、輝きとではない向こう岸というものがあると思っていて。やっぱり、RYOさんはそっち側にいっている人なんですね。
RYO:うん。そこに、本当にすべての意味があると思う。ボクサーの辰吉丈一郎って、いるでしょう? 彼は数年前に網膜剥離になって、もう国内では試合ができないんだよね。そういう状態になったのに、彼は外国にいって試合をしているんだよ。そこで、ボコボコに負けるんだよ。でも、自分はすごく幸せだと言うんだ。そういうことだと思うんだよね。辰吉さんは本当にボクシングが大好きで、すごいところまでいった人で、そこでやめれば全然いいポジションにいれたのに、人に教えながら毎日トレーニングを積んで、減量もして、試合をしにいく。試合をしたら、死んでしまう可能性もあるのに。でも、そういう生き方が、彼にとって“良かった”と思える人生なんだよね。
RYO:SUKE:大事なのは周りがどう思うかではなくて、自分自身なんですよね。
RYO:そう。それに、RYO:SUKE君はいろんな羽を持っていて、どの方向にも飛べるのは羨ましいなと思うよ。僕もこういう曲がみんなは好きなのかなと必死になって音楽をやってきた。変なプライドとかも捨てて、アタックをかけてきた15年でもあるわけ。今それを纏めて“ドーン!”と演奏したりすると、やっぱりとっ散らかっているんだよね(笑)。そこに、統一感はない。僕はそのつど、そのつどシングルやライブでは冒険してきたから。それを、今ひとつに纏めてやると散らかってはいるけど、どんな曲であれ自分の芯はあるんだよね。だから、それでいいと思っている。歌詞にしてもそう。若い頃に書いた歌詞は恥ずかしかったりするけど、その頃にしか書けなかった歌詞だから。それに、自分が書いたものだから歌えるんだよね。今の自分は同じ言葉は使えないけど、嘘ではない。そういう面白さも感じているよ。
RYO:SUKE:実は、今そこですごくジレンマを抱えている曲が1曲だけあるんですよ。ソロを始めて2枚目に出した作品の曲なんですけど、ちょうどシーンが過渡期で、僕がカッコいいと思わないものがメッチャ流行っていて。もう、すべてがフラストレーションで、“世界を俺が変えてやる!”みたいな歌詞を書いたんです。でも、なにも変わらなかったし、その時期の自分には変えられなかった。でも今は自分はその現実を受け入れられたと思っているし、今は世界を変えるんじゃなくて、自分が変わらないと意味がないと思っているんです。
RYO:変換できたんだね。
RYO:SUKE:はい。だから、とても大切な曲だからこそ、その曲を自分の中でどう折り合いをつけたらいいのかなと思ってはいて。
RYO:それは、よくわかる。その時期にWING WORKSを好きになった人は特にそうだろうけど、お客さんはその曲を聴きたいんだよね。
RYO:SUKE:そうなんですよ。でも、今の自分は他者を変えたいと思ってないしな、という。ただ、WING WORKSは去年の年末に新しいアルバムを出したんですけど、ありがたいことに完売したんです。こんなに早く売り切れると思っていなかったから、だったら一般流通して、ジャケットも変えて…みたいな話が、この年末に“バババッ”とあって。それで、もしかしたらもう一度光を求めていいのかもしれない、もう一度WING WORKSを大きく広げたいと思っている自分もいるんです。
RYO:それは、絶対広げたほうがいいよ。だって、売れると思うから。ずっと活動してくる中で、カッコいいのに売れないという人をいっぱい見てきたけど、本当に力がある人は事務所が変わったり、しっかり宣伝したりすることで結果を出すんだよね。だから、RYO:SUKE君も広げたほうがいと思う。
RYO:SUKE:RYOさんにそう言って頂けるのは本当に心強いです。何がきっかけになるかは今はまだ分からないですけど、もう一度、僕は大きくなりたいです。

◆がんばる現場をいっぱい見ている人はいろんな“がんばる”を知っていて、なに気ない「がんばろうぜ」という一言がすごく響くと思う(RYO)

――WING WORKSに関しては、ここにきてRYO:SUKEさんがシンガーとしてより進化されたことも見逃せません。
RYO:SUKE:そこは、自分ごときが「はい、そうなんですよ」とは、まだ言っちゃいけないと思っています。ただ、たしかに、前よりは自分の声と向き合えている感覚はあります。
RYO:なんていうんだろう……重い歌、深い歌を歌いたいと思うのであれば、たとえば“愛している”という言葉を歌うとしようか。すごい大恋愛をしている最中の人が相手の女の子に向けて“愛してる”と歌ったら、俺はその人には勝てない。でも、その彼がみんなに向けて“愛してる”と歌っても伝わらないよね。だから、我々は歌唱というもので、みんなに伝わる歌を歌わないといけない。で、人というのは歳を取ることで得られるものが沢山あって。同じ力量のシンガーだったら、より多くの愛情を貰って、より多くの愛情をあげている人の“愛してる”のほうが1ミリ遠くまで飛ぶ気がするんだ。こいつと自分はイーブンのはずなのに、こいつの歌には勝てないということがあって、それはなぜだろうと考えると、そいつには子供がいたりするんだよね。そういうふうに僕も歳を取ることで、目には見えないけどいろんなものを持っていて、それを上手くコントロールして歌に反映させることが大事なんじゃないかなと思っている。

――あらためて思いますが、歌うということは人生そのもといえますね。
RYO:そう。“愛してる”に限らず、がんばる現場をいっぱい見ている人はいろんな“がんばる”を知っていて、なに気ない「がんばろうぜ」という一言がすごく響くと思う。歌も、そういうものだよね。
RYO:SUKE:外側のカッコいいではない、男としての生き様の魅力みたいなものって、あるじゃないですか。20代とか30代の前半の僕は、そこよりも形のカッコ良さとか、勢いのカッコ良さ、時代と噛み合っていることのカッコ良さみたいなところでやってきた。これからはもうそれじゃダメで、中身が大事になるなと思っているんです。
RYO:でもね、WING WORKSの曲を聴いて、映像を見て思ったけど、芯がなかったら絶対にああいうふうにはならない。RYO:SUKE君は上っ面だけの人ではないから、きっと大丈夫だよ。
RYO:SUKE:嬉しいです。そこで話が戻りますけど、中身が大事だと思うからこそ、RYOさんに触れて、この人は本物だと思って、俺はこうなりたい、ぜひ一緒にライブをさせていただきたいと思ったんです。
RYO:そこまでの思いがあって誘ってもらえたのはすごく嬉しいよ。ちょっと照れるけど(笑)。

――お二人が競演される『機密の花園』も、いいライブになることは間違いないですね。
RYO:ライブに来てくれた人みんなにそう思ってもらえるように、がんばります。KINGは“大型フェス系バンド”を目指しているんですよ。フェスで1番目に出てきて“バッ!”と火を点けるようなバンドでありたいなと。メインアクトとかじゃなくて構わないんです。そういうところを目指しているから、ライブも“ワァーッ!”とした感じで、その中に深い歌も一発入れるという流れが多い。それに、ミディアム・テンポの曲で人を乗せられるというのは中々のことだと思うんですよ。エアロスミスが、そうじゃないですか。それを、オールドロックではなくて、今の音楽でやりたいというのもありますね。で、常々思っているというか、覚悟を決めていることがあって。今の僕は、もう子供の頃みたいな夢は見ていないんですよ。大売れして、東京ドームでライブをしたい…みたいなね。そういうことではなくて、リアルな夢として、スタンディングの王になりたいんです。そういう心持ちで歌い続けていきたいと思っていて、『機密の花園』もそういうところを押し出したライブになると思います。
RYO:SUKE:すごく楽しみです。KINGさんと一緒にやる『機密の花園』のライブは、「歌を歌います」という言葉にしかならないですね。RYOさんの歌そのものに震えてご一緒したいと思ったから。RYOさんに負けないような歌を歌うということではなくて、僕の中には自分の歌をもっと深めていきたいという思いがあって。WING WORKSは楽曲だったり、サウンドだったり、魅せ方だったりといろんな要素があるけど、今後一番大事にすべきは歌だと思っているんですよ。だから、そこを一番残せるライブをしたい。そういうライブを目指すので、願わくばKINGのファンの皆さんにも観ていただきたいです。
RYO:それは、大丈夫だと思うよ。KINGのお客さんは、RYO:SUKE君とは響き合える気がする。
RYO:SUKE:本当ですか? 響き合えたら、すごく嬉しいです。僕がWING WORKSのファンにRYOさんのライブを通して伝えたいのは、「俺も10年後になっても、君たちとこういう関係になっていたいんだよ」ということなんです。だから、WING WORKSのファンの子には、ぜひKINGさんのライブを観てほしいと思っています。

(取材・文:村上孝之)


【ライブ情報】
●【WING WORKS 2nd Album「ENTITY」リリース記念 2MAN LIVEシリーズ『機密の花園 with KING』】
2019年2月8日(金)四谷LOTUS
OPEN 18:30/START 19:00
[出演]
WING WORKS/KING
WING-MEN<LIVE MENBERS>
G.鈴木俊彦/G.GAKU(FEST VAINQUEUR)/B.YUCHI/Dr.匠/Mp.ryu(Lavitte)
[チケット]
発売中
イープラス https://eplus.jp/sf/detail/2792660001-P0030001P021001?P1=0175
[企画制作]G2TD records
[問]四谷LOTUS 03-5315-4781

●【WING WORKS 2nd Album「ENTITY」リリース記念 2MAN LIVEシリーズ 『機密の花園』】
1月25日(金)四谷 LOTUS(with Dacco)
2月8日(金)四谷 LOTUS(with KING)
2月22日(金)四谷 LOTUS(with DAMY)
3月8日(金)四谷 LOTUS(with Ricky)
OPEN 18:30/START 19:00
前売り¥4,000/当日¥4,500(D別)※全日程共通
[チケット]
1~2月公演:発売中
3月公演:2019年1月26日(土)12:00発売開始
イープラス

●【KHRYST+主催「禁断の木の実」】
2月10日(日)高田馬場 AREA
2月16日(土)大阪 RUIDO
2月17日(日)名古屋 ell.FITS ALL
WING WORKS/KHRYST+/The THIRTEEN/DAMY
OPEN 17:00/START 17:30
前売り¥4,000/当日¥4,500(D別)※全日程共通
[チケット]イープラス

●【WING WORKS 2nd Album「ENTITY」発売記念ONEMAN『天空庭園エンティティ』】
3月23日(土)新宿WildSide Tokyo
OPEN 17:00/START 17:30
前売り¥4,300/当日¥4,800(D別)
[チケット]2019年1月12日(土)10:00発売開始
イープラス

【リリース情報】
●WING WORKS New Album『ENTITY』
2018年12月26日(水)発売
WGWK-10011 ¥3,000(税込)
2枚組
(発売元:G2TD records、販売元:ONG DISTRIBUTION)

[DISC1]
01.-W・W-Ⅱ [SE]
02.アヌンナキ
03.Welcome to TRICK DEATH LAND
04.SiLiConE
05.未完成サファイア
06.Burn your soul
07.INFERNO
08.El_Dorado?
09.ACID CASTLE [album edition]
10.Amadeus
11.Flower World.
12.ニライカナイ

[Disc2]
01.VAD†MAN
02.不死鳥-FENNIX-
03.FIXXTION BOY
04.メトロア3.0
05.RAVVE OF MY TRINITY
06.IKAROS

<GUEST ATRISTS>
GAKU(FEST VAINQUEUR)/Cazqui(ex.NOCTURNAL BLOODLUST)/奏/椎名未緒(ユナイト/APPLIQUE)/鈴木俊彦/Daisuke(SEVER BLACK PARANOIA)/Daichi(ex.NOCTURNAL BLOODLUST)/村田祐一/YUCHI(sukekiyo)/YOW-ROW(GARI)/猟平(ex.CLØWD) ※五十音順

【インストアイベント情報】
●【WING WORKS 2nd Album「ENTITY」インストアイベント①】
渋谷ZEAL LINK B1イベントスペース
3月10日(日)OPEN 13:30 / START 14:00
参加ゲスト:G.Daichi(ex.NOCTURNAL BLOODLUST)
内容:「ENTITY」メドレーアコースティックライブ&トーク&サイン&2ショットチェキ撮影会

●【WING WORKS 2nd Album「ENTITY」インストアイベント②】
ライカエジソン原宿店
3月10日(日)18:00~
内容:トーク&権利抽選会

【KING ライブ情報】
●KING ONEMAN LIVE『獅子王』
3月31日(日)渋谷O-WEST
OPEN 17:00/START 17:30
前売り¥4,000/当日¥4,500(D別)

WING WORKS オフィシャルサイト http://wingworks-official.com/
KING オフィシャルサイト https://www.kingryo.com

コメントは停止中です。

KING,WING WORKSのその他の記事を読む

<トップへ戻る