ライブレポート

2018.4.8
天照@東京キネマ倶楽部
天照唯一祭『過去現在未来~交わる人と音の輪~』

2018年4月8日、昨年の復活祭と同じ東京キネマ倶楽部にて天照唯一祭『過去現在未来~交わる人と音の輪~』が開催された。サポートメンバーには、 天照を長年サポートしているお馴染みのKEN(B/Xie)、昨年の復活祭から参加しているYou.(G/Scarlet Valse)、 そしてshinpei(Dr/ex.SuG)が約12年ぶりにサポートメンバーとして天照のステージに帰ってきた。

ステージの後ろには、天照の文字が堂々とスクリーンに映し出されている。ドラムセットの両サイドにある桜の木がどことなく新鮮さを演出しているが、不思議と天照らしさが伝わってくる。「行くぞ、キネマ倶楽部ー!」晃の叫びからスタートしたのは、アグレッシブなナンバー「火乃國」。大きな歓声が上がり、全員が拳を突き上げ会場内は早くも一体となった。そのまま「希望ヶ丘」へ続き、会場内はジャンプとともにさらに激しさを増し、「かげろふ」では皆が大きく頭を振りさらに一体感を増した。

激しさの中、どの曲も一つ一つ丁寧に歌う晃の姿は非常に印象的だ。MCでは、実はお茶目な大祀がバックドロップを持って来るのを忘れたために、ステージ後ろはこの立派なスクリーンになったという暴露話が飛び出した。晃は握手会で使うバンドTシャツを忘れ、You.が私服として着てきた天照Tシャツを奪い取ったらしい。美しく破壊的な大祀と、可愛らしくおとぼけの晃。迫力と鋭さを兼ね備えた彼らの演奏と、この緩いMCとのギャップにはいつも笑ってしまう。

続いては10年ぶりの復活後、初の音源化となった「那由他」が披露された。新たに始まった天照の物語を描くようなこの曲は、発売後まもなくほとんどのCDショップで完売状態となった。オーディエンスも頷くように、この曲のメロディアスなサビに酔いしれている。天照活動休止中に大祀が活動していたバンドMUの「GOD CHILD」改め、天照の正式ナンバーとなった「神の子」、そして不動の人気曲「逢魔」と続き、場内はさらに熱気に包まれた。

天照の過去を知るサポートメンバーの紹介を経て、時間の流れや未来について少しだけ話をした大祀。古今東西の想いを今回のライブタイトルに詰め込んでいるように見えた。さらに活動休止中に大祀が作った曲で、晃が自ら歌うことを切望した「昴」、そして「ユグドラシル」、「緋き竜の騎士の物語」と続いた。大祀が作る曲には晃の声が良く合っている。晃が歌えば全ての曲を自分のものとしてしまうのだから流石である。大祀曰く「俺の曲を晃が歌えばすなわち天照となる!」だそうだ。

アコースティックギターに持ち替え、二人はバルコニーへ。「五つの海の物語」では時々お互いに目を合わせ音を一つずつ確かめるかのように奏で、そのまま人間愛を唄うバラード『暁』へと続いた。大祀の台詞が印象的な「まほろば」、テクニカルなギタープレイが特徴的な「彩」を経て、「まろがれ」では一気に畳み掛け、熱気はMAX状態に!!

復活後に作られた天照史上最速ビートという「鳳凰」では、皆がそれぞれの扇子を掲げ想い思いに振っている。会場全体を埋め尽くした色鮮やかなその光景は圧巻だった。

アンコールでは、本編の盛り上がりが冷めることなく「NATURAL SELECTION」へ。サポートメンバーのソロ回しから大祀の弾きまくりギターソロと、パワフルな演奏とともに観客のボルテージはさらに上がっていった。「森羅万象」では大合唱がおこり、場内は暖かい拍手に包まれ、この日の祭は幕を下ろした。

10年ぶりの復活後、早くも三度目の東京キネマ倶楽部でのワンマンライブを成功させた天照。まだ始まったばかりの新しい物語の未来に期待したい。

天照 オフィシャルサイト http://amaterase.net/