News

La’cryma ChristiのギタリストKOJI&HIROによる「Joint Live」、千聖(PENICILLIN)をゲストに迎えた12月公演をレポート!

今年6月に初開催されたLa’cryma Christiのギタリスト、KOJIとHIROによる「Joint Live」。この特異かつ贅沢なライブの第6回、第7回が12月11日、12日に渋谷duo MUSIC EXCHANGEにて行われた。

NATCHIN(B)、笹渕啓史(Dr)のサポートのもと、メロディアスナンバーから、伸びやかなクリアトーンでギターが歌うドラマティックなナンバー、そしてHIRO曰く「暗黒の世界」というダークなナンバーまで、KOJIとHIRO、各ソロのインストゥルメンタル曲を二人のハーモニーでたっぷりと聴かせ、観客を魅了した。

お互いの楽曲をコピーした感想として、「HIROさんの曲は、フレーズとリズムと間が体に染み込むまで難しい」(KOJI)、「KOJIの人柄が曲によく表れているなと思った」(HIRO)と話し、「いい影響を与え合っているので、次の作品に繋げていきたい」と、今後が楽しみになる言葉を残したのだった。

12月11日公演ではPENICILLINのギタリスト、千聖がゲスト出演。「スーパーギタリストたちのライブに何のゲストで呼ばれたのかなと…総合司会で呼ばれたのかと思った」と笑いを誘いつつ、KOJI、HIROとのトリプルギターで千聖のソロプロジェクトCrack6の「Re-BORN」「KICK!」を披露した。

アンコールでは「まさか二人でアコギを弾くとは思ってなかった」(HIRO)、「この曲をHIROさんが歌うことになるとは思わなかった」(KOJI)と、La’cryma Christiの代表曲の一つ「未来航路」を二人のアコースティックギターと、HIROのヴォーカル、KOJIのコーラスで披露し、会場を沸かせれば、再び千聖を迎え入れ、福山雅治の「桜坂」を千聖のヴォーカルと3人のアコースティックギターで奏で、場内は温かな空気に包まれた。

ダブルアンコールでは、先輩アーティストに囲まれ恐縮しきりのRickyをヴォーカルに、PENICILLINの「ロマンス」、そしてギタリスト3人が共通して好きだというMOTLEY CRUEの楽曲から「LIVE WIRE」を、さらにLa’cryma Christiの「THE SCENT」で熱いステージを繰り広げ、この貴重なライブを締め括った。

なお、翌12月12日の「Joint Live」にはHIZAKI(Versailles、Jupiter)がゲスト出演した。また、1月6~7日には渋谷GARRETにて次回公演「KOJI & HIRO Joint Live “Happy New Year 2018 Special LIVE!”」が開催される。この二日間は、第1部 Acoustic Style、第2部 Band Styleの2部制で行われ、第2部には、圧倒的ドラムテクで人気の青森のゆるキャラ、にゃんごすたーのゲスト出演も決定している。一体どんなコラボレーションが生まれるのか、ぜひその目で確かめてほしい。

(文・金多賀歩美)


【ライブ情報】
「KOJI & HIRO Joint Live “Happy New Year 2018 Special LIVE!”」
◆1月6日(土)渋谷GARRET
<第1部 Acoustic Style>
開場 14:00 / 開演 14:30 スタンディング ¥5,000(ドリンク代別途)
出演:KOJI / HIRO

<第2部 Band Style>
開場 17:00 / 開演 17:30 スタンディング ¥7,500(ドリンク代別途)
出演:KOJI / HIRO
[Special Guest]にゃんごすたー
[Support Musicians]NATCHIN(B)、笹渕啓史(Dr)

◆1月7日(日)渋谷GARRET
<第1部 Acoustic Style>
開場 14:00 / 開演 14:30 スタンディング ¥5,000(ドリンク代別途)
出演:KOJI / HIRO

<第2部 Band Style>
開場 17:00 / 開演 17:30 スタンディング ¥7,500(ドリンク代別途)
出演:KOJI / HIRO
[Special Guest]にゃんごすたー
[Support Musicians]NATCHIN(B)、笹渕啓史(Dr)

オフィシャルサイト http://www.lacrymachristi.jp/

コメントは停止中です。

<トップへ戻る