連載企画

SCREW

11月1日にTSUTAYA O-EASTで行われるラストライブをもって11年の歴史に終止符を打つSCREW。フィナーレに向けて駆け抜ける4人が、連載「SCREWのどういたしまして。」に久々に登場! 今の率直な気持ち、そしてファンへの思いが綴られています。

←「SCREWのどういたしまして。」一覧へ

SCREWのどういたしまして。特別編 ジン

 

ジン

Vifをご覧の皆さん、お久しぶりですSCREWドラムのジンです。
SCREWはご存知の通り11月1日にTSUTAYA O-EASTで解散します。
この10年間本当に色々な方にお世話になりました。

 

「SCREWのどういたしまして。」が懐かしいですね。
こうやって最後に出させてもらえるのも光栄です。

 

現在の素直な気持ちをいうと正直寂しい気持ちもあります。
自分たちで決めた事ですが、やっぱり10年間を振り返っちゃうんですよね。
色んな事がありました。
全ていい想い出です。
特にVifさんでは動画など面白い事させていただきました。
俺が動画により興味を持ったのもVifさんで色々やらせてもらってからなんですよ。
いつもインタビューしていただいてるGさんに「動画、俺も頑張ろうかなと思ってます」と宣言したのを覚えています。

 

SCREWラストツアーでは各地ソールドアウトしてたくさんのファンの方に来てもらった事、
涙も笑みも全て受け止めて幸せな空間を皆で作る事ができました。
11月1日TSUTAYA O-EASTではSCREWジンの集大成を見せられたらなと思っています。
会いに来てね。

 

マナブはメンバー内でオアシスのような存在でした。
シュールな印象が強いマナブですが穏やかで時に大爆笑を掻っ攫う一面も。
SCREWの頭脳的な部分もあったね。
マナブありがとう。

 

和己はリーダーでありしっかりとした意見でSCREWを纏める大黒柱でした。
反面ガラスのハートで兄であり弟のような感じでした。
俺のおふざけにいつも付き合ってくれた。
和己ありがとう。

 

鋲はステージの威圧感、カリスマ的存在とは逆に普段は普通の兄ちゃんでした(笑)。
一番の相談相手であり心の支えだったかな。
俺が辛くても鋲の存在で助けられた事も何度もありました。
鋲ありがとう。

 

最後にVifさんをご覧の全ての皆様、SCREWを応援してくださって本当に本当にありがとうございました。
皆様が居たからSCREWは10年間活動できたんだと思います。

 

俺の人生の一番の想い出をありがとう。

 

また会えるといいね。

 


【ラストライブ情報】
SCREW LAST LIVE TOUR『BREATHE ONE’S LAST BREATH…』
11月1日(火) TSUTAYA O-EAST
OPEN 17:30 / START 18:00

SCREW「SCREWのどういたしまして。」一覧へ

<トップへ戻る