ライブレポート

2015.4.26

BORN@新宿BLAZE

BORN TOUR 2015 ~THE STALIN -SECTION 3-【HEAVEN’S ADDICTION】~

 

 

all

 

2014年にスタートし、約1年かけてBORNが展開してきた“STALIN”シリーズ。

SECTION 1、SECTION 2を経て、今年3月にスタートさせた最終章・SECTION 3が、この日、ツアーファイナルを迎えた。

 

妖しく明滅するライトの下、鼓膜を揺らす「I am STALIN」のウィスパー。

真っ赤な衣装をまとい、まさに独裁者の如くステージに君臨した猟牙(Vo)の咆哮で、ツアーファイナルの幕は切って落とされた。

「THE STALIN」で強烈な爆音を迸らせ、「DEMONS」で心拍数を爆上げし、高らかなクラップが鳴り響いた「壊死」では、その歌詞さながらに激しくも淫靡な空気で会場を満たす。

 

ryoga1

 

あっという間に会場を掌握し、息つく間もなくアップテンポな名曲たちを投下する彼らに、オーディエンスも負けじと拳を振り上げ、「Devilish of the PUNK」でモッシュの大波が視界いっぱいに広がると、猟牙の口から「スゲーいい景色!」という満足げな言葉が漏れる。

ライブの醍醐味をギュッと濃縮したような空間は7年間という彼らのキャリアと確かな実力を感じさせるものだった。

 

「SKIN」で会場をダンスフロアへと変貌させると、「全員で一つになろうか!」と狂騒感たっぷりの「SATISFACTION?」へとなだれ込み、TOMO(Dr)が生み出す強靭なビートに彩られた骨太なステージを見せつける。

 

tomo

 

そうかと思えば、ガラリと空気を変えて、狂気のような青と赤の光の中「嘔吐」を、鳴り響くサイレンが憂いを帯びた独唱を彩る「凍結」を、さらに、ギター陣によるユニゾンと、たゆたうような旋律が印象的な「MOTHER」で空気を震わせ、猟牙の長い爪が空を引き裂くように美しく舞う。

 

そんな抒情的なステージの後には鉄壁のセットリストが用意されていた。

極太の音が織りなす「Son of A Bitch」、「ようこそ、歌舞伎町、周りの街に負けんなよ」とドロップされた「排梳ノ蝶」、高らかに告げられた「黒蟻」のコールに歓声が沸き起こり、ステージと客席、総員でのヘッドバンギングが繰り広げられる。

さらに、「今からあのクールなRayさんが皆さんを煽り倒します」という猟牙の丁寧な紹介の後、Rayの強烈な煽りで更なる燃料を投下。本編ラストまで一気に駆け抜けたのだった。

 

ray

 

 

この日、猟牙から、“STALIN”シリーズを通じて成長できたこと、その一方でバンドの存続を迷った時期もあるということが語られた。

ドキリとさせられる言葉に客席に一瞬緊張が走ったが、「こういうライブができるから、危機を乗り越えて来られた。これからもBORNをよろしく」と続けると温かい拍手が沸き起こった。

 

そんなオーディエンスの温かさに応えるように「久しぶりにこの曲を届けます」と、美しい旋律で別れと始まりの季節を彩る「春煌花‐SAKURA‐」を披露。さらに名曲「RADICAL HYSTERIA」で会場の隅々に至るまで最高の一体感を見せた。

 

鳴りやまないアンコールに応えて披露された「Shrive」では、猟牙がKのギターを受け取り、マイクを手渡す一面も。さらに、この日はマネージャー近藤氏のバースデーサプライズに加え、なんと予定にはなかったトリプルアンコールまで披露し、お祭り感たっぷりに暴れ倒して“STALIN”という一つのテーマを彼ららしく締めくくったのだった。

 

k

 

 

このライブの前日に猟牙がうっかりフライングで発表してしまったが、7月にニューアルバム『オルタナティヴ・タランチュラ』をリリースし、アルバムを引っ提げてのツアーを行うことが改めて発表された。

毒蜘蛛タランチュラを掲げた次回作で、彼らが提示する新たな世界観はもちろん、ツアーファイナルを行う赤坂BLITZで見せてくれる景色も楽しみでならない。

 

この日、猟牙が口にした、

「俺なんて、人間性はどれだけ欠けてるんだよって感じだけど、ここにいれば無敵だと思ってます」

という言葉。彼らの無敵のステージを赤坂BLITZ、そしてその先でしっかりと目に焼き付けていただきたい。

 

 

◆セットリスト◆

01. THE STALIN
02. DEMONS
03. 壊死
04. Devilish of the PUNK
05. DIARY
06. SKIN
07. SATISFACTION?
08. 嘔吐
09. 凍結
10. MOTHER
11. Son Of A Bitch
12. 排梳ノ蝶」
13. GOD COLLAPSE
14. B.D.M
15. 黒蟻
16. BREAKTHROUGH
17. AWAKENING OF PERSONALITY

EN1
01. felony
02. MY SWEET BLACK
03. 春煌花‐SAKURA‐
04. RADICAL HYSTERIA
05. DIRTY STACKER

EN2
01. Shrive
02. ケミカルロマンス

EN3
01. Grave Dancer Punish
02. SUICIDE

 

(文・後藤るつ子)


 

【ライブ情報】

BORN TOUR 2015【オルタナティヴ・タランチュラ】

7月28日(火) 渋谷REX

OPEN 18:00 / START 18:30

 

8月2日(日) 浦和ナルシス

OPEN 17:00 / START 17:30

 

8月8日(土) 新横浜NEW SIDE BEACH!!

OPEN 17:00 / START 17:30

 

8月9日(日) 柏ThumbUp

OPEN 17:00 / START 17:30

 

8月12日(水) OSAKA MUSE

OPEN 18:00 / START 18:30

 

8月13日(木) 名古屋ell.FITS ALL

OPEN 18:00 / START 18:30

 

8月17日(月) 仙台MACANA

OPEN 18:00 / START 18:30

 

8月19日(水) 札幌colony

OPEN 18:00 / START 18:30

 

8月20日(木) 札幌colony

OPEN 18:00 / START 18:30

 

8月26日(水) 博多DRUM Be-1

OPEN 18:00 / START 18:30

 

8月27日(木) 岡山IMAGE

OPEN 18:00 / START 18:30

 

8月30日(日) 金沢AZ

OPEN 17:00 / START 17:30

 

-TOUR FINAL-

9月6日(日) 赤坂BLITZ

OPEN 17:00 / START 17:30

 

[料金]

渋谷REX~金沢AZ公演:前売¥4,200 / 当日¥4,500(DRINK代別)

赤坂BLITZ公演:前売¥4,500 / 当日¥4,700(DRINK代別)

※未就学児童入場不可

 

[一般発売日]

渋谷REX~金沢AZ公演:2015年6月20日(土)~

赤坂BLITZ公演:2015年7月18日(土)~

 

【リリース情報】

New Mini Album『オルタナティヴ・タランチュラ』

2015年7月22日(水)発売

【初回限定盤A】(CD+DVD)

PSIS-30040 / ¥3,000(税抜)

 [CD] 5曲収録予定

 [DVD] 内容未定

 

【初回限定盤B】(CD+DVD)

PSIS-30041 / ¥3,000(税抜)

 [CD] 5曲収録予定

 [DVD] 内容未定

 

【通常盤】(CD)

PSIS-50039 / ¥2,700(税抜)

 [CD] 7曲収録予定