ライブレポート

2015.4.22

Mitsuru Matsuoka EARNEST DRIVE@ディファ有明

2nd Singletime」発売記念 Music Video Shooting Special Live

 

DSC_0619

 

『仮面ライダードライブ』の主題歌を担当することをきっかけに結成されたユニット・Mitsuru Matsuoka EARNEST DRIVE(以下、MMED)が、4月22日、2ndシングル『time』の発売を記念して「Music Video Shooting Special Live」を行った。

 

会場のディファ有明には、幸運にも当選した700名のファンが詰めかけた。まずMMEDのギター・tatsuo、ベース・IKUO、ドラムス・淳士がステージに現れ、パワフルに演奏を始める。しばらくしてヴォーカル・松岡充が、なんと客席の後ろからサプライズ登場。「キャ~!!」と大きな歓声を浴びて颯爽とステージに上がり、MMEDの1stシングルで『仮面ライダードライブ』の主題歌「SURPRISE-DRIVE」を披露した。

 

1曲歌い終えた松岡は、「『time』を買って、dビデオで『仮面ライダー4号』を観て、(この日のライブに)応募してくれた皆さん、ありがとう。今日は雨降ったけど…濡れても可愛いですよ。そして、いい男ですよ」と観客に挨拶。客席からは「オオ~!!」と歓声が湧き上がる。次に、振り返ってバンドメンバーに「これ、ライブですか? シューティングですよね。本気すぎるんですよ、この猛者たちは…」と笑わせる。tatsuoは「やっと(MMEDとして)ライブができましたね」と嬉しそうに話した。

 

DSC_0093

 

松岡は「あの曲をやりたいと思います。僕が初めてライダーになった曲」と「W」を歌い、「『W』をやったら、あの曲ももれなく…だよね」と「cod-E~Eの暗号~」を披露する。ここから松岡は1曲歌い終わるごとに「はい、カット!! いただきました」と続けた。

 

MMEDメンバーの雑談(?)を挟んで、この日発売された2ndシングル「time」を披露。続いてMMEDで初めて合わせるという、「time」のカップリング曲、ミディアムバラードの「good bye little moon」をしっとりと聴かせた。

 

ここで「以上になりますが…」と一旦ライブを締めようとした松岡。しかし次の瞬間、「『time』の次の新曲を披露します。その映像を撮影して、リリースのときのMusic Videoにします」とファンにとって嬉しいサプライズが飛び出した。その新曲は、「SURPRISE-DRIVE」「time」と合わせて3部作になる「re-ray(リレイ)」(作詞・作曲 松岡充)という曲。2ndシングルリリース当日にして、早くも今夏リリース予定の新曲をいち早く披露した。キャッチーなメロディと迫力あるサウンドに客席は早くもノリノリ。10台のカメラで3テイクを撮影してOKになった。

 

ここで松岡は「シューティングライブにお付き合いいただき、ありがとうございました。これでサヨナラだとあんまりなので…」と最後にもう一度「SURPRISE-DRIVE」を、そして「sing my song for you~サヨナラの向こう側まで~」を披露し、会場は最高潮に盛り上がった。

 

すべての演奏を終えて、客席に深々と頭を下げたMMEDの4人。松岡は「最高の作品になると思います。今日はありがとう!!」との言葉を残し、ステージを後にした。

 


 

【リリース情報】

Mitsuru Matsuoka EARNEST DRIVE

New Single『time』

2015年4月22日(水)発売

 

[CD+DVD] AVCD-83222 ¥1,800+税

[CD] AVCD-83223 ¥1,000+税

 

[CD]

1. time

2. good bye little moon

3. time ~instrumental

4. good bye little moon ~instrumental

[DVD]

1. time -music video-

 

【Mitsuru Matsuoka EARNEST DRIVE プロフィール】

平成仮面ライダーシリーズで3度目の主題歌のヴォーカル担当となる松岡充(Vo)、平成仮面ライダーシリーズで作曲を多く手がけるtatsuo(G)、Jun-ji(Dr)、IKUO(B)による『ドライブ』の番組限定ユニット。

 

Vocal:松岡充

活動休止中のSOPHIAヴォーカル松岡充。俳優としても目覚ましく活躍し、主演作も多く、その演技力を高く評価されている。出演代表作には「人にやさしく」(CX)、舞台「リンダリンダ」「キサラギ」、ミュージカル「Catch Me If You Can」、Vシネマ「仮面ライダー エターナル」など。2011年公開 劇場版『仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ』に、仮面ライダー史上、最強にして最凶と呼ばれた仮面ライダー エターナルとして登場し、主題歌も担当した。他アーティストへの楽曲提供やプロデュースワークも多く、写真集出版・小説執筆・プロダクトデザイン・番組司会などヴォーカリストというカテゴライズを超え、多彩な分野で活動するクリエティブアーティストである。現在はMICHAELという新バンドを結成し、3月25日に1st ALBUM『Archangel』をリリース、3月22日、東京・EX THEATER ROPPONGIをはじめとするリリース記念ライブが決定している。

オフィシャルサイト http://www.7zoo7.com

 

Guitar:tatsuo(タツオ)

プロデューサー・作曲家・編曲家。ビジュアル系エアバンド・ゴールデンボンバーの編曲・レコーディングやその他多数若手バンドのプロデュース作業に従事。アニメ番組「SKET DANCE」では、ギタリストとして自身の所属するロックバンド「everset」で主題歌を担当。近年では、仮面ライダーシリーズにて3作連続で主題歌の作編曲家に抜擢される他、楽曲提供、アーティストの総合プロデュース、BABYMETALの編曲RECなど幅広い音楽制作を手がけている。また、日本人ギタリストで初めてMUSICMAN社とモニター契約を結んでいる。

オフィシャルサイト http://www.tappun.com

 

Drums:Jun-ji(ジュンジ)

SIAM SHADEのドラマーとして活動し解散後はT.M.Revolution、GACKT、Acid Black Cherry、Sound Horizonなど、幅広いアーティストのLIVE、レコーディングにサポートドラマーとして参加。自身のバンドBULL ZEICHEN 88の活動に加え、ソロ活動、セッション活動もしている。

オフィシャルサイト http://www.jun-ji.com

 

Bass:IKUO(イクオ)

1996年パイオニアLDCよりEx-iTでメジャーデビュー。後にLapis Lazuliを経て2003年にアニメ『テニスの王子様』の主題歌「LongWay」でソロデビュー。その後は楽曲制作、アレンジ、サポート業を始める。現在はCube-Ray, Bull Zeichen 88,Rayflower,The Choppers Revolution で活動中。T.M.Revolution ,abingdon boys school,tetsuya,JAM Project,etcのサポートやGackt,Acid Black Cherry,BREAKERZ,etcなど数多くのレコーディングにも参加。その他山口真文GROUPなどのセッションも定期的にやっておりJAZZからROCKまで幅広く活動中。今年2014年2月26日にキングレコードより自身初のソロアルバム『R.E.D ZONE』をリリース!

オフィシャルサイト http://ikuo190.com

 

 

「Misturu Matsuoka EARNEST DRIVE」公式サイト

http://www.mitsurumatsuoka-drive.com/