News

ALvino、ニューアルバム『ALive』インタビュー!(前編)

DDCZ-2018_P12_P1

 

2月16日に活動9周年を迎えたALvinoが、4月8日に2年2ヶ月ぶり通算5枚目となるアルバム『ALive』をリリースする。KOJI(ex.La’cryma Christi)と潤(ex.PIERROT)2人のギタリストを軸に、ヴォーカルのShotaを加えた3人がALvinoのメンバーだ。

 

最新作には、アルバムのために書き下ろした新曲から、2年間のライブを通して生まれ、演奏してきた楽曲。さらに、昨年12月に行った全国ツアーの際に会場限定で発売したシングルに入れた、KOJIと潤それぞれの手による2つのクリスマスナンバー「冬の天使」「White Heart」も収録している。

 

アルバム発売後には、KOJIと潤のバースデーライブも含む、インストアイベントも連動させた全国ツアー「2015 Birthday Limited Live Tour”Chord「Birth」”」がスタートする。

 

ここに、3人の声をお届けしよう。

 


 

潤150320 Shota150320 KOJI150320

 

――通算5枚目となるアルバム『ALive』が誕生。ついに、世の中へ羽ばたき出します。

 

KOJI:4thアルバムの『Picture』から数えたら、アルバムとしては2年2ヶ月ぶりとなるように、けっこう時間は空いてしまいましたね。その間、ALvinoを取り巻く環境もいろいろと変われば、それによって意識面にも変化が現れたり。結果的にそれが、今回の『ALive』(生きる/継続する/生き生きとした/A Live)という言葉に繋がったなと思います。

 

――本作では、いろんな歌詞に“ALIVE”してゆく意識を描いていませんか?

 

KOJI:今は「音楽業界で生きてゆくのが厳しい時代」と言われてますが、僕らは、自分たちが一番大事にしている音楽で、この先もずっと「アーティストとして生きたい」。その気持ちが、ALvinoとして活動していく上での根底にあるからこそ、その想いの一片一片が歌詞にも現れたのかな?

 

――過去の自分たちの歴史を背負いながらも、そこに縛られるのではなく、長い未来へ向け、まっさらな意識のもと新たな始まりを告げだした。そんな風にも、『ALive』というアルバムを聴きながら感じていました。

 

KOJI:自分たちは、ただただ「作りたい音楽を作り、弾きたいギターを弾いている」だけなんです。それこそが自分たちが求めている幸せ、それをずっと守り続けていきたいだけのこと。

 

――その意識は、3人とも共有しあっていること?

 

潤:そうだね。今年の2月16日で結成から数えて9周年を迎え、今は、10年目に向けて活動しているわけですけど。それぞれのキャラクターもすっかり自分たちの身体に入り込んでいれば、気持ちの共有も当たり前に出来ている。今回のアルバムタイトルの『ALive』だって、深く考え込み過ぎることなく出てきた言葉なんですね。むしろ、ふわっと浮かんできたというか。今の自分たちは、たとえつらいことがあっても、それさえも力に変え楽しんで活動をしている。その意識があるからこそ迷いなくすっと出てきたのが、『ALive』という今の3人の意識を現す言葉だったんです。

 

――その意識にも重なる想いとして見えてきたのが、「JUMPER」でした。「JUMPER」には、いろんなものを呑み込んだ懐深い自分の姿があるのをわかったうえで、でも、まっさらな気持ちのもと「次のステージへJUMPしよう」と、前へ進んでゆく想いを投影していませんか?

 

潤:「JUMPER」の歌詞だけを捉えたら、青春ソングのようでけっこう恥ずかしいんですけど。「今の自分たちの想いを丸裸のまま出しちゃったほうが逆に面白いかな」と思って書いてます。

 

************

 

――このアルバムには、着飾ることのない気持ちを綴った楽曲をたくさん詰め込んでいます。

 

潤:なんかね、イメージをしっかり伝えることが、今回の曲たちを作り上げてくうえでは一番大事なことだったというか。「聞いてくれる人たちに、その想いがしっかり伝わってゆくことが何よりも大切だな」と思ったんですよ。もちろん、自分たちの本心をちらつかせた表現を通して格好つけることも大事かも知れないけど、その表現方法はALvinoに関しては違うのかな??と。なので、今回はとくに「自分たちの感じた想いを素直に投影」してゆく形で曲たちを制作していましたね。

 

――初な恋心が見えてくる「春恋」のような想いを、真っ直ぐに伝えていける。それこそが、今のALvinoの強みなんでしょうね。

 

潤:ホントにね。しかもこの曲には、他の意味も隠し持たせているんですね。それが「春よ来い」。つまり、「早くみんなとライブで会いたい」という気持ち。ALvinoはライブが命のバンドだからこそ、ちょっとでもライブの期間が空いてしまうと寂しくなるんですよ。その想いを「君へと綴る恋文(ラブレター)」に乗せ、届けています。

 

Shota:このアルバムに収録した曲たちって、昨年8月に「アルバム用の曲制作を行おう」と1ヶ月合宿した中で生まれ、セレクトされた曲たちなんです。そうしたのも、「本当に心に響く良い音楽を届けるためには、しっかり時間をかけて作っていかなきゃ駄目」だと思ったからなんですね。しかも選曲をしたうえで、そこからじっくり時間をかけながらレコーディングを続けてきました。その結果、「歌心や込めた想いがしっかりと伝わる作品になったな」と感じています。

 

――けっこう早い時期にアルバムの制作に入っていたんですね。

 

KOJI:それ以前から。それこそ2014年にアコースティックツアーをやったときには、各会場ごとに新曲を届けるという縛りを設け、実際に新曲を届け続けていたように、それらも含め、曲のストックはあったんですね。でもミュージシャンというのは、期限を設けないと何時までも曲をいじり続け、なかなか完成までには至らない。だからこそ、先にアルバムの発売日などの締め切りを設定し、そこへ向かうために「8月いっぱいをかけ、まずはアルバムに収録する10曲を絞り込んだり、新たな曲を作っていこう」と決め、そのうえで9月からレコーディングへ突入してという工程を組みながら、ここへ至るまでの作業を行ってきたわけなんです。

 

************

 

――制作をしていく中、それぞれ「向いてる意識は同じなんだ」というのは感じていたことでした?

 

KOJI:ありましたね。音楽をやっているとね、普段の会話では言えない「青臭いことを堂々と言ってもいいのかな?」と思うんですね。口に出しては言えないけど、心の中では思っている青臭い想いを楽曲に乗せて届けることが、ある種、感情の捌け口にもなってくと言うか。それは歌詞のみならず、演奏面にもいろいろと出てて。アルバムの1曲目を飾った「花鳥風月」は、LAメタルを意識した、それこそバンドを始めたばかりの中高生がやりたくなるようなアプローチをあえて持ってきた曲なんですよ。なんかね、それが格好悪いではなく、そういうことをやりたくなる衝動があるのなら、それを素直にやってしまおうと思って。

 

潤:「花鳥風月」を作ったのは僕なんですけど。自分の中には、言われたようなLAメタルの血ってまったくないんですよ。でも、なぜか衝動的に「アメリカンハードロックのような曲を作りたい」という気持ちになり、80年代のハードロックバンドの映像などを合宿中にいろいろ見ながら曲作りをしていく中、この歌が生まれたわけです。それをKOJIに聞かせたら…。

 

KOJI:何に惹かれたって、ベタベタなLAメタルではなく、潤くんのフィルターを通したうえでLAメタルのような要素も垣間見える曲になっていたことなんですね。そこから潤に、「自分が好きなハードロックやヘヴィメタルのエッセンスをギターで入れていい?」と伝え、そのうえでアレンジしたのが、今の『花鳥風月』になったわけなんです。

 

――激しい演奏を描きながらも、楽曲全体としては丁寧に作り込めば、歌をしっかり活かしているところがポイントですよね。

 

KOJI:バランス感は大切にしていったこと。俺も潤も、いろんなプロデューサーやエンジニアの方々と仕事をしてきた経験もあり、「その楽曲を、どの程度までなら汚せるか、どの程度まで綺麗に磨いていくべきか」というさじ加減はいろいろ経験してきた。なので、「あまりやりすぎないように。でも、綺麗にもなりすぎないように」というバランスのもとで『花鳥風月』を作りました。それは、他の曲たちにも言えることなんですよ。

 

――さっき「青臭い」という言葉がありましたけど。だからこそ、伝わってくる歌たちばかりなんだとも、聞いてて感じました。

 

潤:ALvinoのライブを観に来た友達から、よく「爽やかな曲たちだね」って言われるんですよ。そう言われるたびに、以前の僕らは「爽やかなバンドでいいのかな?」と、どこか心のひっかかりとしてその言葉を捉えていたんですね。でも、このアルバムの制作期間を迎える中、「爽やかに聞こえるのならそれでいい。むしろ、その要素を活かすことでALvinoの音楽の個性が磨かれていくのなら、そうしよう」と、良い意味で開き直れたんですよね。もう小難しく考えるんじゃなくて、自分たちが素直に「格好いい」と思ったものを楽曲の中へふんだんに詰め込んでいく。でも、要らないと思ったものはしっかり削ぎ落としてもいく。そうやって整理しながら作りあげた曲たちが、ここには詰め込まれています。

 

************

 

――まるで「経験豊富なベテランたちが、無邪気な少年に戻って作った」アルバムのようですね。

 

潤:無邪気に作ったかぁ。そうかも知れない(笑)。

 

KOJI:そこも、ALvinoでは大事にしている部分かも知れない。以前は、「爽やか」と言われるたびに、クラスのヤンチャな子がモテてるイケメンに対して「あの爽やか野郎」と言う感覚と同じような、どこか歪んだ心で受け止めてしまうことが多かったんだけど。いろんなイベントライブに出て演奏経験を重ねていく中、いくら自分たちが攻撃的な曲を用意して演奏をしても、やっぱし「爽やかだね」と言われてしまう。だったら、そこを気にするのは辞めようと思ったことが大きいのかも。ただ、いまだに自分たちでは「爽やか」の定義がわからない。きっとそれが、自分たちの中から滲み出てくる「青臭さ」なのかも知れないですね。

 

――その「青臭さ」を真正面からぶつけられるって、大きな強みですよね。

 

潤:学生時代って、何が面白いのかわかんないんだけど、よくみんなと朝まで夢中になって遊んでたりするじゃない。今の僕らが表現している感覚って、そこと近いのかも知れないなと思ってて。そこを、見てる人たちも感じてくれているのであれば、それは嬉しいことだからね。

 

Shota:僕も、「爽やか」という言葉を素直に受け止められるときと受け止められないときがあって。だから今回も、『ALive』や『Liar Lion~真実の口~』の歌詞では、あえてひねくれた歌として聞かせたいなと思い、英詞を多用した洋楽風にもしてみました。

 

後編へ続く)

 

(文・長澤智典)

 


 

【リリース情報】

New Album『ALive』

2015年4月8(水)発売

 

DDCZ-2018 ¥3,000+税

 

[収録曲]

01. 花鳥風月

02. ALive

03. 春恋

04. JUMPER

05. 冬の天使

06. White Heart

07. Liar Lion~真実の口~

08. Dilemma

09. 夢ネイロ

10. One step!!

 

【ライブ情報】

●「V-BAND 祭」(ブイバンザイ)~SPRING FESTIVAL 2015~

2015年4月4日(土)新宿BLAZE

Open / Start 16:00 / 16:30

出演:HERO、GOTCHAROCKA、Black Gene For the Next Scene、Blu-BiLLioN、ALvino、S.Q.F、DaizyStripper

 

●2015 Birthday Limited Live Tour “Chord「Birth」

4月12日(日)千葉LOOK 17:30 / 18:00

4月18日(土)名古屋ハートランドスタジオ 18:00 / 18:30

4月19日(日)大阪MUSE 17:30 / 18:00

4月25日(土)静岡Sunash 18:00 / 18:30

4月26日(日)松坂M’AXA 17:30 / 18:00

4月29日(水・祝)福岡DRUM SON 17:30 / 18:00

5月1日(金)広島Cave-Be 18:30 / 19:00

5月2日(土)神戸VARIT. 17:30 / 18:00

5月4日(月・祝)新横浜NEW SIDE BEACH!! 17:30 / 18:00

5月29日(金)品川グローリアチャペル 18:00 / 19:00

5月30日(土)原宿ASTRO HALL 17:30 / 18:30

 

【インストアイベント情報】

4月8日(水)東京

4月11日(土)栃木

4月17日(金)名古屋

4月18日(土)名古屋

4月19日(日)大阪

4月20日(月)大阪

4月28日(火)福岡

4月29日(水・祝)福岡

4月30日(木)広島

5月6日(水・祝)東京

5月8日(金)東京

5月9日(土)神奈川

5月12日(火)東京

5月16日(土)神奈川

5月23日(土)東京

 

ALvino オフィシャルサイト http://alvino.tv/

 

◆ALvinoのその他の記事を読む

【News】ALvino 、ニューアルバム『ALive』リリース! 「青臭い歌」だからこそ、真っ直ぐ心に届いてきた(2015年3月14日)

【News】生熊耕治主催イベントに、Shota(ALvino)と森翼が出演!(2014年11月4日)

【Live Report】Crack6主催イベント@新宿BLAZE(2014年7月5日)

コメントは停止中です。

<トップへ戻る