News

エレクトロロックサウンドに新たな刺客! 2015年大注目のバンド・twentiesが新作リリース!

twenties150108

 

日本においても「ULTRA」「electrox」など、大規模なEDMフェスが開催され、ジャンルとしてエレクトロが定着し、「サカナクション」の台頭などによりクラブミュージックとロックの融合が主流の一つになってきた昨今、そんな勢いのあるジャンルに新たな刺客が現れている。前衛的なエレクトロロックサウンドと圧倒的なライブパフォーマンスで耳の早いリスナーから注目を浴びてきたロックバンド、the twentiesである。3才から児童養護施設で育ったなど、Vo & Gtタカイリョウの壮絶な半生が書き殴られた前作2nd Mini Album『palm』より約1年。待望の新作、3rd Mini Album『MUSIC』が完成し、2015年3月4日でのリリースと全国ツアースケジュール第1弾が発表された!

 

完全”人力”エレクトロロックに”キャッチーなメロディ”、”劣等感バリバリの歌詞”を乗せた珠玉のダンスロックチューンが満載。アルバムを通して聴くことができ、トレードマークとも言えるエレクトロサウンドはすべてエレキギターによるもの。一聴して感じてもらえると思うが、歌詞の世界観を含めて、彼らは本当に捻くれている。

 

MUSIC_JK

 

M-1 「ロックやらなきゃ」

若者の苦悩や焦燥感をロキノン系よろしくのリフ&グルーヴに乗せて、あえて四つ打ちを使わずクールに表現している。

M-2 「R.E.D」

このリードトラックに至っては、2015年を代表する”ぶちあげ”アンセムになることは間違いなしのエレクトロロックナンバー。

M-3 「Music」

この表題曲は既にライブでも披露されオーディエンスを”ぶちあげ”まくっている。ポップで美しくもあり、何処か切ない気持ちにさせられる名曲。

M-4 「keiki hAppy」

ポップかつタカイリョウの捻くれたメッセージが面白い。そして、クラブの正に”良い時間”に流れていそうなポテンシャルを放っている。

M-5 「ポニカ」 & M-6 「FAKE」

劣等感バリバリの歌詞に乗せた珠玉のダンスロックでリスナーの心をかき乱す。

M-7 「ロンリー」

彼らには珍しいスローナンバーで、ノイジーかつ美しい世界観と、最後の号泣ギターソロまで堪能してもらいたい。

 

そんな情けなくも力強い『MUSIC』というアルバムを引っ提げての全国ツアー第1弾スケジュールも、3月16日の地元・大分公演から4月28日東京Shibuya Milkywayのツアーファイナルまでが発表された。第2弾スケジュールを含めたツアー詳細は、随時オフィシャルサイトで発表、更新されるのでチェックしよう。

 

エレクトロロックでぶちあげろ!

 


 

【リリース情報】

New Mini Album『MUSIC』

2015年3月4日(水)発売

 

NECR-1005 ¥2,000+税

 

[収録曲]

1.ロックやらなきゃ

2.R.E.D

3.Music

4.keiki hAppy

5.ポニカ

6.FAKE

7.ロンリー

 

【ライブ情報】

the twenties MUSIC release tour 2015

『MUSICでイケるはず〜』

3月16日(月)大分・BITS HALL 2MAN!! w/hotspring

3月18日(水)福岡・graf 2MAN!! w/HABANA

4月4日(土)京都・MOJO 2MAN!! w/Large House Satisfaction

4月23日(木)名古屋・Club UPSET 3MAN!!

4月24日(金)大阪・Club Vision 3MAN!! w/セプテンバーミー他

4月28日(火)東京・Shibuya Milkyway FINAL ONE MAN!!

and more!!!

※第2弾スケジュールを含めた公演詳細は、随時オフィシャルサイトで更新します。

 

twenties オフィシャルサイト http://thetwenties.info/

 

コメントは停止中です。

<トップへ戻る