ライブレポート

2014.10.4

21g@初台DOORS

「Genoration」Chapter 1

 

NO2_0606

 

SIAM SHADEのベーシストNATCHINとeversetのヴォーカル緋村剛(Geno)を中心に、a DROP OF JOKERのギタリストmi-ya。ドラマーのAct.が集まり、誕生したのが21g(トウェンティワングラムス)。

10月4日(土)に21gは、『天照賛歌』と『エメラルドグリーン』2枚のDVD付きシングルを同時に発売。同日には初台DOORSを舞台に、『21g LIVE「Genoration」Chapter 1』と題した初ライブを、いきなりワンマンという形で行った。チケットはSOLD OUTを記録。客席最後方までびっしりの観客たちが、21gの産声上げる姿を心待ちにしていた。

 

映像にも強いこだわりを持つ21gらしく、ライブは、「開演の諸注意」を促すGeno演じる「映画泥棒」CMのパロディ映像。「天照賛歌」と「エメラルドグリーン」両PV映像の上映から始まった。

 

ライブは、「エメラルドグリーン」のC/Wに収録した「21Genoration」からスタート。 腹の奥底へズズズンッと響くリズム隊の叩き出すヘヴィなグルーヴが刺激的だ。激しい演奏の上で激烈なリフを刻み続けてゆくギターのmi-ya。身体揺さぶる豪放な音を背に、観客たちへ雄々しき姿で挑みかかってゆくGeno。重く、しかも野太く響き渡るGenoの歌声が、轟く音の上で荒々しく踊り出していた。

 

メンバーの出自からも想像されるよう、21gの根底に据えられたのは、確かな表現力に裏打ちされた重量感のある演奏。だが、テクニカルな面や激しいサウンドスタイルを標榜するのではなく、あくまでも「歌/想いを届ける」姿勢を軸に据えているバンドであることは、その後の楽曲たちがしっかり証明してくれた。

 

「魂が天照らす!」(Geno)。Genoの叫びに続いて流れたのが、1stシングルの一翼を司る『天照賛歌』だ。激しく唸りを上げた演奏の上で、Genoが馳せる気持ちをぶつけるよう〈俺たちはあと幾つ夢中になれる夢を見れるだろう 気が狂いそうなんだ〉とメッセージしてゆく。誰もがその演奏と歌声に触発され、気持ちを嬉しく武者振わせていた。

 

一見ファニーな表情を描きながらも、しっかり毒を染み込ませた「ねこのうた」。観客たちが〈チッチチー〉と謎の言葉を口づさみながら、一体化した風景を作りあげたミッド・グルーヴ曲『つき』。ヘヴィに、フリーキーに攻めゆく、変拍子満載な「チョコレート3丁目」のようテクニカルな表情もあれば、mi-yaの奏でる哀切なピアノの音色を軸に据えつつ、Genoが想いたっぷりに歌い上げた感涙なバラード「淋しさで咲く華」も、21gの魅力を成す大切な表情であることを実感。

 

ハイテンションな演奏から滲み出る温かさが、胸に優しさ忍ばせた「たとえ話」。跳ねた演奏に乗せ、会場中の人たちが一つに溶け合い熱狂した「廃人列車」。歌詞を書いたスケッチブックを手にGenoが歌いだした「we are gonna take it」は、身体をズンズン弾ませるディスコロック・ナンバー。誰もが身を揺さぶるビートに溺れるよう拳を振りまわし、はしゃいでいた。大サビでは、Genoの声に合わせコール&レスポンスしてゆく風景も。そして、会場中の人たちが思いきりタオル振りまわし熱狂した「Mr.アドレナリン」。

 

アンコールで演奏した21gを象徴する楽曲「エメラルドグリーン」では、Genoが〈愛してる〉と、観客たちへたぎる思いをぶつけるよう熱く熱く歌いかけていた。サビでは、誰もが拳振り上げ〈エメラルドグリーン君がいるなら〉と歌い叫んでゆく風景も。

 

N01_3234 N01_3217

 

この日のライブで何よりも嬉しかったのが、「エメラルドグリーン」の演奏を終え、場内が明るくなっても、21gを求める声がしばらく鳴りやまず、その声へ呼ばれるよう予定外のアンコールが行われたこと。NATCHINも「これぞ本当の意味でのアンコール。その想いがすごく嬉しかった」と後に語っていたよう、観客たちの誰一人として楽曲を知らない状態(唯一、youtubeに「天照賛歌」の一部がアップされていたのみ)でのライブにも関わらず、誰もがその場で歌を覚え、流れ出す1曲1曲に嬉しく感情高ぶらせ、熱狂し続けていたことが、この日のライブの成果を物語っていた。

 

最後の最後に、再び『天照賛歌』を演奏。〈気が狂いそうなんだ 夢幻泡影の箱の中 まだ心踊るなら きっとそれを希望と呼ぶんだ〉。サビでは会場中の人たちがGenoと共に歌いながら、熱狂の渦の中へ思いきり溺れていた。誰もがその瞬間を忘れたくない記憶としてその身へ刻むよう、気が狂いそうなほどの熱狂を持って暴れ祭っていた。その興奮の讃歌が、何時までも何時までも胸に響き続けていた。

 

21gの物語はまだ始まったばかり。まだまだ遅くはない。この暴走列車へ共に乗り込み、一緒に翠玉緑な未来の景色を見続けようじゃないか!!

 

◆セットリスト◆

〜SE〜

01. 21Genoration

〜MC〜

02. 天照賛歌

03. ねこのうた

〜MC〜

04. つき

05. チョコレート3丁目

〜リズム隊インスト〜

〜ドラムソロ〜

〜mi-yaソロ〜

06. 淋しさで咲く華

07. たとえ話

〜MC〜

08. 廃人列車

09. we are gonna take it

10. Mr.アドレナリン

EN. エメラルドグリーン

 


 

【ライブ・アフターコメント】

Geno:今日のライブをやったことで、すごい盛り上がった部分と課題の残る部分の2つが見えてきたことから、次からのパワーアップに向け時間を使うべきところが浮き彫りになりました。ますますファンのみんなへの期待に応えていけるように、曲作りとライブを頑張っていきたいなと思います。今日は、みんなのおかげで素晴らしいスタートになったと思います。ありがとうございました!!

 

NATCHIN:自分がインディーズの頃は、ライブを重ね、どんどん観客を増やしては、そろそろ勝負というときに音源を作ってたじゃないですか。でもメジャーに行ってからは、音源を作り、宣伝して楽曲を広めてから、音源を持ってツアーをまわるというパターンが当たり前になっていた。今回は2枚のシングル盤を先行発売はしてますけど、改めて原点に返ったというか。このままライブ経験を重ねていけば、楽曲のクオリティもどんどん上がれば、アレンジ面のレベルも上がってゆく。それが見えたことで、今後音源にしていく曲やライブのみで演奏してゆく楽曲の振り分けもしていける。そうなったときに、やっとバンドらしいというか、21gらしい姿でアルバムを作っていけるなという予感がした。そんなライブになりましたね。

しかもこの日は、本当の意味でのアンコールまでかかったことはすごく嬉しかったです。12月20日にも、再び初台DOORSでワンマンが決まりましたし。その日は、今日とはまた違う内容の構成になれば、来年にはアルバムを…という構想も考えながら活動をしていくので、これからが楽しみです。

 

mi-ya:私はピアノを20年間やってきた理由もあって21gには加入しているんですけど。ギターのみならず、そこもアピール出来たのは嬉しかったこと。MCでは、Genoさんが私に大阪弁を求めてるようだから、今後は、もうちょっと大阪弁を出していきましょうかね(笑)。でも、あんだけあったかく迎え入れてもらえたら、21gはいいバンドになっていくのは間違いないです。

 

Act.:個人的には、純粋に楽しめたライブだったというのが感想ですね。こんなにも期待して待っててくれた人たちがいるのをすごく感じれたというか。今回の初ライブに向けて、自分の中ではやれるだけのことは可能な限りやったうえで臨んだ結果が今日なので、今後はやれることの範囲をどれだけ広げていくかだなと思っています。このメンバーだったらもっといろんなことが出来ると思うし、可能性もいっぱいあると思っています。

 

(文・TOMONORI NAGASAWA/写真・KEIKO TANABE)

 


 

【ライブ情報】

●VUENOS 16th Anniversary

MIX CHOCOLATE NIGHT Vol.25出演決定!

2014年10月19日(日)渋谷VUENOS

開場18:00 開演18:30

出演:defspiral/21g

 

●「†яi ZEICHEN 21」

2014年10月29日(水)梅田AKASO

2014年10月30日(木)名古屋CLUB QUATTRO

2014年11月5日(水)新宿BLAZE

開場18:00 開演18:30

出演:BULL ZEICHEN 88/†яi¢к/ 21g

 

●21g presents「21st Century JOY」

2014年12月19日(金)初台DOORS

出演:21g / DUSTAR3

 

●21g LIVE「Genoration」Chapter 2

2014年12月20日(土)初台DOORS

出: 21g

 

【リリース情報】

●New Single『天照賛歌』

2014年10月4日(土)発売(※ライブ会場のみでの販売)

21g-002 ¥1,500(tax in)

 

01.天照賛歌

02.21Genoration

03.天照賛歌 Instrumental

04.21Genoration Instrumental

 

天照賛歌Music Video

天照賛歌Bonus Track

 

●New Single『エメラルドグリーン』

2014年10月4日(土)発売(※ライブ会場のみでの販売)

21g-003 ¥1,500(tax in)

 

01.エメラルドグリーン

02.ねこのうた

03.エメラルドグリーン Instrumental

04.ねこのうた Instrumental

 

エメラルドグリーンMusic Video

エメラルドグリーンBonus Track

 

21g オフィシャルサイト http://www.21g-jpn.com/