News

真夏のイベント「BORN BATTLE in SUMMER 2013!!【DIE or DIE】」前哨戦第5弾。Jin-Machineインタビュー!

 Jin-Machine

 

8月12日よりBORNが5日連続で行う2マンライブイベント「BORN BATTLE in SUMMER 2013!!【DIE or DIE】」。このスペシャルイベントの前哨戦第四弾として登場したのは、5daysの中日に当たる8月14日の対バン相手、Jin-Machine。featuring16(MC)とマジョリカ・マジョルカ・マジカル☆ひもり(ギタ―――(゚∀゚)―――!!)の二人が、ちょっと意外なバンドの素顔と、我々の想像の斜め上行く【DIE or DIE】への目標を語る!

――Jin-MachineはBORNとの面識はあるんですか?

featuring16(以下、16):ありますよ。YouTubeとかニコニコ動画とかで拝見しました。

マジョリカ・マジョルカ・まじかる☆ひもり(以下、ひもり):確かにそこでは見たことあるね(笑)。あと、同じライブ(V-nation)に出たこともあります! 残念ながら、すれ違ってすらいないですけど…。

 

――出演者として名前は並んでいたぞ、と。

16:そうです。対バンはしたぞ、と。

ひもり:同じ空気は吸ってましたからね。

16:でも今回「stylish wave」でご一緒させていただいたんですが、楽屋の様子を見て、この方々なら大丈夫だと思いました。

 

――大丈夫とは?

16:私、基本的にヴィジュアル系の方々が苦手なんです。簡単に言うと「怖い人達」という固定観念がありまして…。でも今回、BORNさんが楽屋で気さくに話していらっしゃるのを見て、「メンバーさんたち同士でこういう話をするんだ!」ということがわかったんですよね。メンバーさん同士でも気取った会話しかしない方はちょっと無理なので、BORNさんはそういう感じじゃないんだなっていうことがわかっただけでも収穫でした。

 

――気取った会話??

16:「ジャケットが~」とか、「WILD PARTYが~」とか、「BUFFALO BOBSが~」とか。そういうのを聞くと、「バッファローボブズって何ですか! バッファロー吾郎さんしか知りませんよ!」と思うわけですよ。

 

――(笑)。敵陣を視察した感じでは大丈夫そうだったと。

16:そうですね。面と向かって話したわけではありませんけど、横でジッと見ていた感じでは大丈夫そうでした。

ひもり:話しかければいいのに(笑)。でも僕も気さくな方々だと思いました。メンバー全員これは一致していると思います。どんな2マンライブになるのか想像してみたんですけど…何も見えない。だがそれが良い。

 

――見えなかったんですね(笑)? では、BORNのライブを観た感想は?

16:話題の〈サバに乗って♪ サバに乗って♪〉(「RADICAL HYSTERIA」)を観ました。この曲、前にカラオケの映像配信で見ていたんですよ。歌詞を見て、何で〈suck my dick or death〉が〈サバに乗って〉に聴こえるんだろうと思っていましたね。あと、英語だとすごくアウトローなことを言っているのに、〈サバに乗って〉なんて言われて心外じゃないのかなと。でも楽屋での様子を見ていて、この人たちなら笑って許してくれるんじゃないかっていう一方的な安心感を得ました。

 

――Jin-Machineの皆さんが楽屋で何も話さないんですか?

ひもり:喋らないですよ。ご飯を食べに行っても何も喋らずに帰ってきたり。

16:車の中とかも超静かです。みんな、プライベートスペースを確保したいんですかね。

ひもり:誰も話しかける必要性を感じないんですよ。

 

――とても意外です。

ひもり:ギャップ萌えですね。

 

――(笑)。そんなギャップ萌えJin-MachineがBORNと2マンライブをやるわけですが、2マンだとこれまでのように「すれ違った」くらいではなく、ガッツリ接触することになりますよね。

16:そうなんですよ。でも、2マンをやるからと言って、喋るか喋らないかという事はまた別。同じ舞台には立ちますが、裏で話すかどうかは自分に裁量権があるぞと。…まぁ話しますけどね。

 

――何だか慎重ですね。

16:そうなんです。BORNさんの話からは離れますけど、ヴィジュアル系の人って、私達にはわからない「ここは触れてほしくない」沸点があるんですよね。「え! これでイラっとするの? 気付かなかったわー…」っていう。ならば、すこしでもイラっとさせないよう、いっそ触れずにいようと思うわけです。慎重に近づいて行こうというのは、そういう流れがあってのことなんですよね。

ひもり:そもそも我々には、自分たちはヴィジュアル系バンドではないから、皆さんとジャンルが違うという意識があるんです。

 

――そうなんですか!?

16:はい。他から「何だよ、あいつら」って言われるところからスタートしていますからね。そんな私達から話しかけて何かチクッと刺さることを言ったら、そりゃ怒るよねと思っているので。だとしたらちょっとずつ距離を近づけて「私達はこういう事をやってますけど、根底ではヴィジュアル系が好きですし、舞台に立つことも好きなんです」っていうのを少しずつわかってもらえたらと。BORNさんもすぐには難しいかもしれないんですけど、2マンで私達の表と裏を見てもらって、「あ、真面目に取り組んでいるんだな」という姿勢だけでも理解してもらえたらと思います。そうしたら、もし次に池袋手刀とか、KAGURAZAKA EXPLOSIONでお会いした時にも仲良くなれるかなと思うので。みんな仲良くなりたいけど、慎重に慎重を期さないと相手に不快感を与えてしまうので、そこに気をつけてますね。

 

――では今回の【DIE or DIE】の目標は「ちょっとずつ距離を詰めていく」でしょうか?

16:そうですね。大それて仲良くなることは考えていないんです。例えば、よく「今日仲良くなったよ」って写メを撮るじゃないですか。私は「嘘つけよ!」と思うわけです。もちろん、写真は一つの証と言うかきっかけだと思うし、私の、写真に対する敷居が高すぎるのかもしれないんですけど。プリクラとかも「仲良くなるのにプリクラ撮るの!? プリクラは手をつないでからでしょ!」っていう感覚があるんですよね。私は私なりに徐々に仲良くなっていけたらなと思います。でも同じ舞台に立ったらある程度、距離は近付くと思いますし、2バンドだけだったら話しても不自然な状況ではないと思うので、そこは勇気を持ってコミュニケーションできるかなと。何バンドもいる中でその人だけに近づいて行くのって勇気がいるんですよ。立ち向かっていくというか…。

ひもり:立ち向かうって、敵みたいじゃない(笑)。

16:そうだね(笑)。でも、BORNさんて、アー写だと「喰い散らかしてやる!」みたいな、パンデミック系の洋ゲーに出てきそうな感じですけど、実際そうじゃなかったので安心しました。きっと仲良くなれると思います。

 

――今回、どこまで仲良くなりましょうか。

16:一緒に写真を撮って不自然じゃないくらいには仲良くなりたいですね。というか、「みんなで今日がんばったねYeah!」ってくらいまでには仲良くなれると思ってます!

ひもり:僕の目標は、BORNさんの音楽と我々の音楽がうまいことミックスして、クロスして、我々とBORNさんにしかできない空間をお客さんに提供することですね。

 

――当日が楽しみですね。

16:はい。あとはお客さん同士もいがみ合わないで、最前列を譲り合って、こういう振りがあるんだよって教えてあげたり、靴が脱げたら拾ってあげたり、倒れたら「大丈夫?」って助け起こしたり、「私Jin-Machineのファンなんです」って話しかけてその後白木屋に行って「今日はああだったね、こうだったね」って話してもらえればいいなと。そこまでがミサ(※Jin-Machineのライブの呼称)ですから。

ひもり:こんな感じで、交流が苦手な我々が、自分たちにできないことをしろってお客さんに勧めているわけですが、楽しんでもらえたらと思います(笑)。

 

(文・後藤)

****************************************

■BORN BATTLE in SUMMER 2013!!【DIE or DIE】

◆8月12日(月)高田馬場club PHASE 【時間】OPEN:18:00 / START:18:30 【出演】BORN / ニューロティカ チケットぴあ 0570-02-9999 Pコード:203-360 ローソンチケット 0570-084-003 Lコード:72136 イープラス http://eplus.jp (PC・携帯共通)

◆8月13日(火)高田馬場club PHASE 【時間】OPEN:18:00 / START:18:30 【出演】BORN / DEZERT チケットぴあ 0570-02-9999 Pコード:203-360 ローソンチケット 0570-084-003 Lコード:72137 イープラス http://eplus.jp (PC・携帯共通)

◆8月14日(水)高田馬場club PHASE 【時間】OPEN:18:00 / START:18:30 【出演】BORN / Jin-Machine チケットぴあ 0570-02-9999 Pコード:203-360 ローソンチケット 0570-084-003 Lコード:72140 イープラス http://eplus.jp (PC・携帯共通)

◆8月15日(木)高田馬場club PHASE 【時間】OPEN:18:00 / START:18:30 【出演】BORN / lynch. チケットぴあ 0570-02-9999 Pコード:203-360 ローソンチケット 0570-084-003 Lコード:72142 イープラス http://eplus.jp (PC・携帯共通)

◆8月16日(金)高田馬場club PHASE 【時間】OPEN:18:00 / START:18:30 【出演】BORN / Crack6 チケットぴあ 0570-02-9999 Pコード:203-360 ローソンチケット 0570-084-003 Lコード:72143 イープラス http://eplus.jp (PC・携帯共通)

 

<チケット料金> 前売¥3,500 / 当日¥4,000 税込、Drink代¥500別/スタンディング ▼チケット先行受付のお知らせ▼ ・イープラスによる抽選受付となります。 ・事前にイープラスの会員登録(無料)が必要です。 ・受付期間中に下記URLへアクセスし、ページの案内に従いお申込ください。 【受付期間】2013年6月10日(月)21:00~2013年6月16日(日)18:00 【受付URL】http://eplus.jp/bbis2013/ (PC・携帯共通)

 

<一般発売> 6月23日(日)~各プレイガイドにて販売 info:バックステージプロジェクト TEL03-5786-2400(平日 12:00〜19:00)

 

BORN オフィシャルサイト http://www.indie-psc.com/born/

Jin-Machineオフィシャルサイト http://jin-machine.net/

コメントは停止中です。

<トップへ戻る