News

結成20周年記念ベスト盤第二弾をリリースしたPENICILLINに直撃インタビュー!

 

12月5日、PENICILLINが結成20周年記念 ベストアルバム 『20th Anniversary Member Selection Best PHOENIX STAR』をリリースした。4月にリリースしたファンセレクト盤『DRAGON HEARTS』に続くベストアルバム第二弾は、その名の通り、メンバー選曲による作品。リリース日当日、ラフォーレミュージアムにてリリース記念イベントを開催していたPENICILLINの3人を直撃! 今作について話を聞いた。

 

HAKUEI曰く「文字通りメンバーがベスト盤として記念に残しておきたい曲」という今作の収録曲は、約200曲あるPENICILLINの楽曲の中から選抜されたもの。10年前にもベスト盤をリリースしている彼らだが、「『DRAGON HEARTS』や今回の『PHOENIX STAR』は濃厚なベスト盤になった」と千聖。

特に思い入れのある楽曲をあえて1曲選んでもらったところ、HAKUEIはGISHOが脱退しPENICILLINが3人になって初めて作った曲「太陽」(2008年発表)を挙げ、「15年間一緒にやってきたオリジナルメンバーの脱退っていうのは、僕らにとって未知なる大きな出来事でした。4人の時よりパワーダウンしたと思われたくないし、それをバネに僕らはもっとしっかりしなきゃいけないと思った。そういういろんな想いがあって作った楽曲」と当時の心境を語った。

O-JIROは「わがままを言わせてもらって、ドラムだけ録りなおしてミックスを新しくやり直したんです。“こうしたかった”っていう想いがすごく強い曲だったので、思い残すことなくできて、良かったなと思います」と「JAMP#1」(2005年発表)を挙げ、千聖は「全曲かわいいので選ぶの無理ですね」と笑いつつ、「PENICILLINの未来を感じるので「PHOENIX STAR」(通常盤のみ収録の新曲)ですね」と答えた。

 

今作は、ベスト盤ではあるものの、その半数以上が再録。その理由について尋ねると、「ライブで曲が育ち表現の方法が当時と違うものや、音源として古いものから今のものまで一気に並べたときに、違いが出すぎるなというものは録り直してます。でも、オリジナルの良さをあまり変えたくなかったので、基本的なアレンジはそこまで変えてないです。一つの作品の中にいろんな時代の曲が入るので、均一にしたくて。そういう音楽的なところで録り直した方がいいと思ったものは録り直しました」とO-JIRO。

 

また、その再録の楽曲にはGISHOが参加しているものが3曲あり、その中の1曲はなんと新曲「PHOENIX STAR」。あえて新曲にGISHOが参加した経緯とは? 「20周年記念ということで、未来のPENICILLINに向かうために彼に弾いてもらったら楽しいかなっていう、精神的な部分ですね。彼のPENICILLINに対する想いと僕たちの気持ちが合致したらおもしろそうだなと思ってやらせてもらいました。古い曲はもちろん楽しくできると思うんですけど、新しい曲を一緒にやるっていうのがなんか良いかなと思って。お互い良いスパイスになればいいなと思ってやりました」とHAKUEIは語った。

GISHOが弾くベースの音を聴き、「懐かしいな」と思ったという3人。「昔の曲(「God of grind」「螺旋階段」)をリテイクで弾いているそのフレーズも、新しい曲(「PHOENIX STAR」)で弾いてるフレーズも、“らしい”。あの人の持つクールでタイトな音。相変わらずそういうベースを弾くんだなと思いましたね」とO-JIRO。

今回のレコーディングで久々の再会となった彼ら。その時の様子を聞くと「よく喋ってましたね。ベースのピッキングより早口だったんじゃないですか(笑)。相変わらず、パンチの効いたキャラクターで。さらにトークの加速度が増してた。まぁ人のことはいえないけど(笑)」と、GISHOの変わらぬ様子を千聖が教えてくれた。

 

そんなGISHOも参加している新曲「PHOENIX STAR」。その歌詞は一見エロティックにも取れるがもっと大きな愛のよう。作詞者であるHAKUEIにテーマを尋ねると「官能的というか本能的な愛情、欲望がテーマになっているのと、それをモチーフにしながら、20周年記念のアルバムに入る楽曲なので、僕らメンバーと応援してくれているファンの関係がもっと深まる作品になってほしいし、そうなりたいっていうメッセージも入っています」と、その想いを語った。

 

さらに初回盤には初商品化となるレア映像満載のDVDが収録されているのだが、過去の自分たちの姿を今改めて見て本人たちはどう思ったのだろうか。そもそも普段、昔の映像を見ることがあるのか尋ねたところ「まず無いね(笑)」とHAKUEIが一言。そして見た感想を千聖は「かわいいね。俺が女子だったら胸キュンだね」ということなので、ぜひ要チェック。

そんな彼らに「“ここを見てほしい!”というポイントは?」と投げかけてみたところ、HAKUEIは「あんまり見てほしくない(笑)」と言いながら、「今回の特典DVDに関しては、最新の僕らのアイテムではなく、なかなか見られない映像で僕らの歴史を振り返りながら、過去の足跡をファンのみんなにも感じてもらえたら、楽しいのかなって。クリエイティブな作品のかっこよさっていうよりは、カタログ的要素の強いところもあるので、こういうことしてたんだねって、酒のつまみにでもなればいいかなって思ってます(笑)」と話し、千聖も「結成から20年やってきたからできる、おもしろさがあるので、ぜひ楽しんでもらえれば」と話した。

 

「いろいろ見てから最後に、最新の「PHOENIX STAR」を見てほしい」とHAKUEIが語る、新曲「PHOENIX STAR」のミュージックビデオ。この作品を手掛けた監督は、HAKUEIの指名だったそう。「僕がすごく好きな監督で。ナイトメアのRUKAくんとのユニット“The LEGENDARY SIX NINE”でシングルを出したときに撮ってもらった監督で、そのときに過去の作品をいっぱい見て、この人いいなぁと思って。PENICILLINでもやってみたかったんですけど、なかなかタイミングが合わなくて。やっと念願叶いましたね。彼は曲を聴いてちょっと打ち合わせしただけで、彼のセンスでほとんど構築する人なので、僕は全幅の信頼を寄せています」とのことなので、これまでのPENICILLINの姿をレア映像で満喫したあとは、ぜひ最新曲で現在の彼らの世界に浸ってほしい。

 

このベストアルバム『PHOENIX STAR』を引っさげたツアーが年明け1月5日から始まり、20周年を締めくくるファイナル公演が2月16日に渋谷公会堂で行われる。ファンセレクト盤『DRAGON HEARTS』リリース後の今年夏にもツアーを展開した彼ら、今回のツアーはもちろん『PHOENIX STAR』を中心にしたものになる模様だ。

「渋公は全部を集約した形に。これまで企画してきたものの集大成ができればおもしろいなと。ツアーは、PENICILLINの代表曲はまだこれだけあるんだっていう『PHOENIX STAR』の楽曲を引っさげて回れるのはなかなかチャンスが無いと思うので、よかったら」と千聖。

そしてO-JIROからの「『DRAGON HEARTS』ツアーの時に行ってない場所に行くんだよね。そこは意外と重要項目だよね。(情報解禁して)やっと言えるようになったのに、言わなくなっちゃった(笑)。前回のツアーのとき、なんでここ無いんですか?って言われてたんだけど、今回のが決まってたからだったんですよ」という告白に「すっかり忘れてた」と一同笑いに包まれる場面も。

そして改めてO-JIROからは「すごく慣れ親しんだ曲が多いライブになります。みんなで盛り上がれると思うので、よろしくお願いします」、HAKUEIから「新譜リリース時のツアーでも盛り上げるポイントに入ってくるような定番の曲が多くて、そればっかりのツアーは今しか無いので、見逃さないでほしいなと思います」とのこと。

 

足跡を辿りながら、現在進行形のPENICILLINをじっくり堪能できる今作。ぜひ見て聴いて感じて、ライブにも足を運んでほしい。

 

(文・金多賀歩美)

 

******************************:

【リリース情報】

20th Anniversary Member Selection Best『PHOENIX STAR』

2012年12月5日(水)発売

 

初回盤(CD+DVD2枚)豪華BOX仕様 XNBG-10013/B~C ¥6,900(tax in)

 

通常盤(CD)XNBG-10014 ¥3,360(tax in)

 

[CD]

1. 太陽

2. God of grind – 20th Ver. –

3. 99番目の夜 – 20th Ver. –

4. make love

5. CRASH

6. Japanese Industrial Students

7. JUMP#1 – 20th Ver. –

8. 冷たい風 – 20th Ver. –

9. 腐海の砂

10. ×・×・× – 20th Ver. –

11. WARP

12. fantasia – 20th Ver. –

13. 螺旋階段 – 20th Ver. –

14. REAL××× – 20th Ver. –

15. PHOENIX STAR(※新曲/通常盤のみ収録)

 

[初回盤:DVD DISC1]

テレビ音楽番組 NHK「POP JAM」出演時 レア映像集 ※全て初商品化映像

1. 夜をぶっとばせ (1999 年7 月 ON AIR)

2. CRASH (1998 年9 月ON AIR)

3. Butterfly (1998 年12 月ON AIR)

4. ロマンス (1999 年9 月 ON AIR)

5. NICE IN LIP+L (1999 年9 月 ON AIR)

6. ウルトライダー (2000年5月 ON AIR)

 

[初回盤:DVD DISC2]

ビデオクリップ集

1. Blue Moon

2. 言葉にならない愛

3. make love

4. CRASH

5. Japanese Industrial Students

6. 白髏の舞

7. PHOENIX STAR(※新曲)

 

【ライブ情報】

<PENICILLIN 20th Anniversary TOUR 2013 PHOENIX STAR>

2013年1月5日(土) 柏 PALOOZA

2013年1月6日(日) HEAVEN’S ROCK さいたま新都心 VJ-3

2013年1月12日(土) 福岡 DRUM Be-1

2013年1月14(月・祝) 岡山 IMAGE

2013年1月19日(土) 名古屋 ElectricLady Land

2013年1月26日(土) 大阪 FANJ TWICE

2013年1月27日(日) 大阪 FANJ TWICE

 

<PENICILLIN 20th Anniversary LIVE FINAL

〜HAPPY BIRTHDAY & VALENTINE’S DAY LIVE〜>

2013年2月16日(土) 渋谷公会堂

OPEN 17:30 / START 18:00

 

[SUPPORT MUSICIAN]

HIROKI(廣嶋)/Bass

TACOS NAOMI(ex. NOISE FACTORY)/Keyboard

[SPECIAL GUEST]

GISHO/Bass

 

 

PENICILLIN オフィシャルサイト http://www.penicillin.jp/

 

コメントは停止中です。

<トップへ戻る