ライブレポート

2012.12.9

ムック@Zepp DiverCity

MUCC Tour 2012 “Shangri-La”

 

 

常にサウンドをブラッシュアップし、前進し続けるムック。今年、結成15周年を迎えた彼らだが、その勢いはさらに加速しているようだ。現在のムックをリアルに伝える、11月28日にリリースのニューアルバム『シャングリラ』を引っさげ、12月1日の大阪 Zepp Nambaからスタートした全4公演のMUCC Tour 2012 “Shangri-La”ツアー。そのファイナル公演が、12月9日、東京、Zepp DiverCityで行われた。

 

超満員のオーディエンスに埋め尽くされた会場に、ダブステップなオープニングSEが流れ、SATOち、YUKKE、ミヤ、そして逹瑯がステージに登場。1曲目の「Mr. Liar」からヘヴィかつ高速なサウンドをブチかます。オーディエンスは、ヘッドバンギングとこぶしで応え、会場は一気にムックワールドに突入だ。続けざまに「ステラ」「G.G.」とタフなナンバーを披露。

そして、YUKKEがアップライトのベースに持ち変え、ステージ上の左右のミラーボールが輝き、ピアノの旋律からパワフルなダンスビートの「アルカディア featuring DAISHI DANCE」がプレイされる。まばゆいライティングの中、グルーヴ感あふれる「ネガティブダンサー」で、バンドとオーディエンスの一体感はさらに増していく。

 

「ワンマンライブの年内ファイナル、暴れたおして騒ぎたおしてグチャグチャになって、誰よりも一番バカになってください!」「たっぷりと『シャングリラ』堪能して帰って!」という逹瑯のMCで、会場中が大歓声に沸いた。疾走感溢れる「ニルヴァーナ」の突き抜ける メロディのサビを、オーディエンスが大合唱。ますますエナジーみなぎる会場に、ダイナミックなロックチューン「ハニー」がこだまする。混沌としたエンディングに向かっていくスリリングな感覚がたまらない。そこから一転、スウィンギンなピアノが鳴るロカビリーナンバー「ピュアブラック」が披露される。さらには、郷愁感漂う「終着の鐘」、メロディセンスの光るポップな「夜空のクレパス」、ダークかつサイケデリックな「狂乱狂唱~21st Century Baby~」と、振り幅の広いムックの音楽が次々と鳴り響いた。

 

「このツアーは楽しい! アルバムリリースから2週間でこの盛りあがりだから、(『シャングリラ』は)末恐ろしすぎるアルバムだね」とごきげんに語る逹瑯。「踊っていこうか。本気見せてくれる?」という声から演奏されたのは、ファンキーでダンサブルでパワフルな「フォーリングダウン」。ヒートアップする会場を、さらに熱くしたのは、夏を感じさせる「風と太陽」。ヘヴィにドライブし、高速で突き進むサビが印象的な「YOU & I」のあとには、目まぐるしい展開で圧倒する「蘭鋳」。逹瑯必殺の「全員座れ!」「3、 2、1、ゴー!」の掛け声から、会場全体でジャンプ! 本編ラストは、ストリングスの音色からエモーショナルに場面が移りゆくドラマチックな「シャングリラ」。轟音ギターの中で歌う、逹瑯の渾身ボーカルがオーディエンスを楽曲の世界へと引き込んでいった。

 

 

鳴り響くオーディエンスのアンコ-ルから再びステージに登場した4人は、「今回のツアーが楽しい」とみんなで語り合う。それだけ、『シャングリラ』ツアーにフレッシュな手応えを感じたのだろう。そのことは、躍動感溢れるステージに思いっきり表れていた。その楽しさを表すかのように、ポップチューン「Marry You」でアンコールが始まる。メロディックコア・フレイバーな「名も無き夢」で、勢いを一気に増し、ミヤの「思いっきり飛べよ!」の声で会場が揺れる。爆走するハードコア「MAD YACK」で大ヒートアップするオーディエンス。そして、メロディアスなロックチュー「MOTHER」で明るさを感じさせるようにライブは幕を閉じた。

 

スクリームから伸びやかなヴォーカルと、多彩な歌を聴かせた逹瑯。エッジの効いたギターリフとしなやかなフレーズ、突き抜けるソロで魅了したミヤ。ブッとくブリブリなベースラインで楽曲の基礎を担った YUKKE。時にタイトに、時に荒々しいドラミングを見せたSATOち。メンバー個々のスキルアップ、そしてバンドの強靭なまでの一体感をリアルに味わえた圧巻のライブだった。

来年2月からは、大規模な全国ツアー『MUCC Tour 2013 “Shangri-La”』が開催される。そこで、さらにスケールの増したムックを存分に体感できることは間違いないだろう。

 

 

(文・土屋ケイスケ/写真・吉場正和)