News

ソナーポケット、ゴールデンボンバーらがギネス世界記録に認定!

 

ソナーポケット、ゴールデンボンバーらが8日、同日に開催されたライブイベント「oricon Sound Blowin’」の10周年記念企画「つながるプロジェクト」で、遠隔地の10会場をつないだ2200人による輪唱を行い、「参加人数2200人の輪唱」が新たなギネス世界記録に認定された。

 

これまでの同輪唱記録は、今年10月にイギリス・リバプールの会場で行われた、ザ・ビートルズのデビューを記念したファン1631人による「ラブ・ミー・ドゥ」の輪唱。今回の新記録への挑戦は、アーティストが出演する東京と大阪をメイン会場に、名古屋・熊本・石川・愛媛・大分・沖縄・高知・広島の全10会場を同時中継で結んで実施。各会場が25人以上の2チームに分かれ、遠隔地の計2200人が3分間ソナーポケットの「あなたのうた」を大合唱で輪唱するという、世界でも例のない試みで記録更新に挑んでいた。

 

この日のイベント中盤、大阪会場にプロジェクトリーダーのソナーポケット、東京会場にゲストのゴールデンボンバーが登場。さらに出演アーティストたちもステージに上がり(大阪会場:Civilian Skunk、matthews、Lily.μ/東京会場:近藤晃央、Silent Siren、JOKER、Dancing Dolls)、中継でつながった全会場の観客に応援メッセージを送り、新たな輪唱記録への挑戦が行われた。そして輪唱終了後、審査を経て新記録認定のアナウンスが流れると、アーティストたちと全会場の観客が一体となって喜びを爆発させた。

 

今回のプロジェクトリーダーを務め、事前に特別会場を訪問し参加者との交流を持つなどプロジェクトの成功に向けて尽力してきたソナーポケットは、「みんなが力を合わせて奇跡を起こしました。いろいろな音楽の広がり、可能性を感じています」(matty)「たくさんの人が手を貸してくれて、全国のみんなが手を取り合ってひとつにつながりました。みんな自分自身に拍手してください」(ko-dai)「新しい歴史をみんなと作れてうれしいです。夢みたい。歌を歌ってみんなで笑顔になれたのが最高です」(eyeron)と喜びをコメント。一方、東京会場で指揮を執ったゴールデンボンバーは「すごい記録だと思う。(遠隔地での)セッションもできましたし、まだまだ音楽でやれることがたくさんあると感じました」(鬼龍院翔)と挑戦を振り返った。

 

今回、新たなギネス世界記録の更新に挑んだ「つながるプロジェクト」とは、音楽を通して人と人との心のつながりを生み出すことをコンセプトにした合唱イベント。遠隔地の10会場は、音の遅れを極限まで小さくする光回線のサービス「光☆DUETTO」(NTT西日本)で結ばれて実施された。

コメントは停止中です。

<トップへ戻る