ライブレポート

2012.10.2

TETSUYA@渋谷公会堂

TETSUYA LIVE 2012 “THANK YOU”[1日目]

 

 

L’Arc~en~CielのリーダーでありベーシストのTETSUYAが、10月2日と3日の2日間、「TETSUYA LIVE 2012 “THANK YOU”」と題して渋谷公会堂2Daysライヴを開催した。2012年4月にLIQUIDROOMで行われたイベントへの出演はあったものの、ワンマンライヴとしてはTOUR 2011「COME ON! FEEL THE LIGHT!」以来、約1年8ヶ月ぶりとなる。その間は、L’Arc~en~Cielの20th L’Anniversary yearで多忙を極めていたのはご存じの通りだろう。久しぶりとなるワンマンライヴを前に広がる会場の空気は、期待に膨らむ客席のTETSUYAを呼ぶ声が象徴しているようだ。

 

開演予定時間の18:30を少し廻ったところで場内暗転。ステージを覆う紗幕に、“ありがとう”“Danke”“謝謝”“Grazie”“Obrigado”“Gracias”“Merci”そして、“THANK YOU”など各国の感謝の意を表す言葉が次々に投影されると場内に歓喜の輪が広がった。曲は「流れ星」へ。紗幕越しにしっとりと、しかし力強く響きわたるTETSUYAの歌声が、深く染み入るようなオープニングだった。

 

「渋谷ー!行くぜ!」という言葉を合図に、「LOOKING FOR LIGHT」「REVERSE」といったキラーチューンを連発。目にも鮮やかな照明に加えて4枚の大型LEDパネル、TETSUYA & The Juicy-Bananasロゴを配した電飾ボードがカラフルに場内を照らす。ステージ上のTETSUYAはのっけからステージ上手から下手へアクティヴなパフォーマンスをみせた。

 

「久しぶりやけど、今日は僕の20代最後のライヴなので(笑)、楽しんでいってください!」と冗談交じりで語られたように、この日はTETSUYAの生誕前夜でもある。ライヴは、1stアルバム『Suite November』および2ndアルバム『COME ON!』収録曲を完全網羅した特大ボリューム。感謝の気持ちが込められたステージは、TETSUYA & The Juicy-Bananasが奏でる音楽という名の贈りものでもある。

 

また音楽はもちろんのこと、ショウアップされたステージが実にきらびやか。とりわけキラキラした映像が映し出された「Can’t stop believing」や、雪とクリスマス風の映像の「lonely girl」など、楽曲の持つ世界観とリンクしたLEDパネルの映像が視覚と聴覚を刺激する。さらには、TETSUYAと客席との至近距離のやり取りも行われるMC、木目が見えるナチュラル塗装のタイコに大きな葉っぱをあしらった“バナナの木(葉っぱは本物!)”仕様のドラムセット、「Roulette」の曲間で繰り広げられたサイコロトークなど、ステージはさながらテーマパークのようなワクワク感に溢れて見どころに事欠かない。あらゆる表現手段で音楽を届けるエンターテイメントだったのだ。

 

 

怒濤の後半は、TETSUYAの「WHITE OUT」という曲コールとともに巻き起こった叫声で幕を開けた。躍動するバンドのアンサンブルは有機的に絡み合い、「蜃気楼」では一糸乱れぬ演奏が場内のテンションを加速度的に上げていく。その核を貫くTETSUYAのヴォーカルは、低音からファルセットまで実に伸びやかに響き渡って美しい。そして、ミラーボールの光りが会場中を輝かしく照らした「15 1/2 フィフティーンハーフ」で本編は感動的に幕を閉じた。

 

この日のハイライトはインターバルをあけて再登場してからもあった。「今日ここでみんなと会えて、こんなに素晴らしいミュージシャンと音楽を、夢を作れるなんて、なんて幸せなんだろうと。僕は口ベタなんで、新曲を用意してきました。昨日、ギリギリ歌詞が上がりまして。「THANK YOU」という曲です」。そして披露された新曲は、一音一音に想いが込められた爽やかさすら漂うミディアムチューン。“ありがとう”“こんなにも愛しているのに”“またあえるよね”という言葉で綴られた歌詞が胸を締めつけるように切ない。あまりの万感迫る歌詞に涙を流すファンの姿も見受けられたほどだった。大きな拍手に会場が包まれる中、ロックンロール調のギターリフが鳴り響く。曲はエンディングナンバーの「Are you ready to ride?」だ。黒いスーツ&サングラス姿のコミカルなBananaman Brothersを交えてのパーティーチューンで、華やかに初日を締めくくった。

 

◆セットリスト◆

01. 流れ星

02. LOOKING FOR LIGHT

03. REVERSE

04. In My HEART

05. Can’t stop believing

06. guilty

07. Pretender

08. empty tears

09. lonely girl

10. wonderful world

11. TIGHTROPE

12. SCARECROW

13. WHITE OUT

14. EDEN

15. 蜃気楼

16. 15 1/2 フィフティーンハーフ

17. 魔法の言葉

18. Roulette

19. Fantastic Wonders

20. THANK YOU

21. Are you ready to ride?

 

 

(文・梶原靖夫/写真・今元秀明、緒車寿一)