News

DOES、ケーサク(Dr)奄美初凱旋ライブ!

 

 

6月28日奄美ASIVIにてDOESドラマー森田ケーサク故郷奄美での初凱旋ライブ「ACME THE NIGHT IN AMAMI」が行われた。
ライブハウスは勿論、島の至る所にケーサクの初凱旋を盛り上げるオリジナルポスターが登場。会場も県外からのファン、地元奄美のファン、そしてケーサクの友人や親戚で溢れ返り、島を上げてのフィーバーとなった。

 

ライブの一曲目は、ここ近日曇り続きの奄美に相応しく「曇天」でスタート。
最初のMCではワタルが「『ACME THE NIGHT IN AMAMI』にようこそ。今日の主役はケーサク!!主役から始まるこの曲」とケーサクの軽快なビートから始まる「ナイスデイ」に繋げ会場からはケーサクコールが沸き上がった。
数日前から奄美入りをしていたメンバーは奄美ネタも披露。ワタルは「ハブセンターも行ってきました。奄美満喫中です。シュールすぎる。。。」と楽しげに語った。

 

先日、全国ツアー「カタルシス文明」を終了したばかりのDOES。ライブの楽曲は、「赤いサンデー」や「ステンレス」「サブタレ二アン・ベイビー・ブルース」など、ツアーとは全く違った懐かしい楽曲も披露し、デビュー6年目にして初凱旋ライブを祝うに相応しいプレミアムな夜になった。

 

アンコールでは主役のケーサクが「こんなに沢山の人が集まってくれて、ありがっさまりょうた。(ありがとうございます)」と奄美の方言も披露。「奄美に帰ってきたら、どこも俺のポスターばっかりで。指名手配犯かってぐらいあって。初めてDOESで奄美帰ってきて。若い人からお年寄りまでいて。本当にありがとうございます。」と感謝の言葉を述べた。

ラストはDOESのデビュー曲「明日は来るのか」を演奏し、ケーサク故郷奄美での初凱旋ライブは大盛況に終わった。

 

 

(c) shimbo yuki

 

 

<セットリスト>
M1 曇天
M2 ロッカ・ホリデイ
M3 ナイスデイ
M4 黒い太陽
M5 ユリイカ
M6 赤いサンデー
M7 神様と悪魔と僕
M8 ジャック・ナイフ
M9 トーチ・ライター
M10 夜明け前
M11 ステンレス
M12 陽はまた昇る
M13 サブタレニアン・ベイビー・ブルース
M14 カタルシス
M15 三月
M16 今を生きる
M17 レイジー・ベイビー
M18 バクチ・ダンサー

EN1 イーグルマン
EN2 世界の果て
EN3 修羅

EN4 これからここから
EN5 明日は来るのか

 

 

DOES オフィシャルサイト http://www.does-net.com/

 

 

◆DOESのその他の記事を読む

【News】DOES、5thアルバムを特設サイトにて全曲視聴!(2012年4月11日)

【News】DOES、5周年アニバーサリーLIVEに赤坂BLITZ決定!!(2011年6月27日)

 

コメントは停止中です。

<トップへ戻る