ライブレポート

2011.5.15

ゴールデンボンバー@TOKYO DOME CITY HALL

“Life is all right”追加公演

 

先日の震災の影響で「一生バカ」から「Life is all right」とタイトルを変え、全国を駆け巡ったゴールデンボンバー。今夜は各地でソールドアウトにしてきたツアーの追加公演!過去最高のキャパシティである会場をびっちりと埋め尽くすファンがそわそわと開演時間を待つ。その少し前に喜矢武豊の注意事項(もちろん普通に案内はしてません。笑)でライヴの期待感がぐっと高まったところでライヴがスタート!

 

まず幕に映されたのは、ファン(全国のバカたち)から届いた動画。海外から届いたものもあり、彼らの音楽が広がっているんだな、と思っていたところにステージ脇でスタンバイしていたメンバーの生中継の映像が!大歓声が沸き起こるなか、それぞれがステージの定位置について「レッツゴーKY」。

 

幕が落とされ、メンバーが姿を現した瞬間、フロアからは割れんばかりの歓声が響くと同時に自分でも分かるほどに気持ちが一気に高揚した。オープニングから「告っchao!」までノンストップでフロアをもみくちゃにし続ける。

「やったぞ!エアーバンドがJCBホールだ!」「信じられるか、皆弾いてないんだぜ?」と笑わせつつも、この会場でライヴができたことを喜ぶメンバー。いつものようにやる、という言葉どおりあっと驚くほど作りこまれたダンボール工作や、なかなか此処では書きにくいNGなネタもどんどん出して会場を沸かせ続ける。広いステージは、大きなディスプレイとライトのみのシンプルなものだったが、めまぐるしく展開する手の込んだセンス抜群のステージングには驚かされるばかり!曲の合間にその瞬間で取る行動があったりするので、一瞬たりともステージを見逃せない。

 

ゴールデンボンバーのワンマンでの楽しみの1つ、演劇。今回は、高校生のバスケ部での恋愛模様を描いたもの。一筋縄ではいかないストーリー展開と合間に出てくる小ネタ満載で届けてくれた。
演劇をはさみ、披露された「君がいない間に」。会場はブルーのライトで染め上げられるなかで鬼龍院がひとり佇んで歌うその姿を食い入るように見つめていた。この楽曲に心がざわざわとかき回されたような感覚を覚えた。面白いだけではない、彼らの楽曲の素晴らしさが光った瞬間だ。

 

後半はぜひライヴに通ってフリを覚えたい「今夜はトゥナイト」、重低音がたまらない「僕クエスト」の新曲2曲を立て続けに披露。そして本編のラストは「†ザ・V系っぽい曲†」!3000人の「ゴールデンボンバー演奏しろ!」コールは本当に圧巻だった。

 

メンバーを求めるアンコールによってステージへ戻ってきたアンコール1曲目は「らふぃおら」。本編同様に盛り上げた「イヤホン」、そしてアンコールのラストを締めくくるのはやっぱりこの曲「女々しくて」。

 

本来はここで終わる予定だったのだが、メンバーを求めるオーディエンスによる鳴り止まないアンコールに応え、再びステージへ戻ってきてくれた。研二がほぼすっぴんを披露した(!)「だからバイバイ」、この大舞台の大ラスとしてもってきたのがまさかの「ドスケベ」。大きな会場でラストにやってみたかった曲だったらしい。こういう一筋縄ではいかないところが彼ららしいと思う。会場にはたくさんの笑顔と「ありがとう」の声に溢れたなかで幕を閉じた。

 

2時間半以上あったのかと驚かされるほど、本当にあっという間に終わった内容の濃い、魅力が存分に詰まったライヴだった。身体を動かして楽しむことも音楽で楽しむこともできる、「純粋に楽しい」と思えるエンターテインメント性溢れるステージは、「また観にいきたい」と思わずにはいられない。
次は全国のZeppを回るツアーも決定し、その規模をさらに拡大していく。次は一体どんなものを見せてくれるのか、という期待を大きく上回るステージを見せてくれる彼らだから、早くも次回のツアーが楽しみでしかたがなくなってくる。きっと、大いに笑わせて感動させてくれるはずだから。

 

◆セットリスト◆

01.レッツゴーKY

02.ギーガー!

03.告っchao!

04.抱きしめてシュヴァルツ

05.また君に番号を聞けなかった

06.君といつまでも

07.トラウマキャバ嬢

08.ultra PHANTOM

[演劇1]

09.TAKUROさんの夏

[演劇2]

10.君がいない間に

[演劇3]

11.SAY NO

[演劇4]

12.HEN

13.今夜なトゥナイト

14.僕クエスト

15.毒グモ女(萌え萌え編)

16.†ザ・V系っぽい曲†
EN1.らふぃおら

EN2.イヤホン

EN3.女々しくて
EN4.だからバイバイEN5.ドスケベ