特集-Special Feature-

◆同じように音を作っていても俺と麗で音が違う(葵)

葵

――葵さんは今回のレコーディングはいかがでしたか?

葵:ギターはそんなに本数は使っていなくて、Lowチューニングなので、ESPと、dragonflyっていうちょっと長めのギターをメインで使っています。最近は、こういう音の時はこれを使うというのがある程度決まっているので、あんまりギターをあれこれ持ち込むことはなくなりましたね。

――音に関してはいかがですか?

葵:アンプの設定でも過激なことはせずに自然に録っているんですけど、弾き手の力加減は音には影響しやすいと思います。右手のアタックは同じように音を作っていても俺と麗で音が違うし、そういうところが出せるようにはしています。音像的には割と近いけど、ニュアンスは少しずつ変わってくるところを感じ取ってもらえれば幸いです。

――お二人のプレイスタイルは全く違いますが、あえて変えているんでしょうか。

麗:そんなに器用じゃないですよ。

葵:元々、ギターという楽器や音楽に対する捉え方が違うというか。俺は割とラフな人間なので、放っておくとそこまで深く考えないタイプ。でも麗のプレイを聴いて「そう弾くんだ」って思う部分もあるし、the GazettEの曲は彼のスタイルのほうがいいのかなとも思いますね。

麗:いやいや、そんなことないでしょ(笑)。

葵:いやいやいや、麗先生、さすがですよ。あと、the GazettEは皆が同じところでリズムを取っているというより、縦軸がしっかり立っていないとダメなんです。

麗:でもその縦軸に一番うるさいのは彼ですからね。俺インタビューで言うほど縦軸を気にしてないもん(笑)。葵さんは縦軸にこだわるし、どちらかというとエモいプレイをします。感情をすごく表現できるんです。レコーディングの波形で感情を表現するなんて素晴らしいですよ。俺は作業員みたいなタイプで、素材を作っている感じです。ギターの素材をできるだけHi-Fi(ハイファイ)に録れる様にこだわって、あとはよろしくと。

葵:でも確かにそうだね(笑)。実験的なことをずっとやってるから。彼はバッキングの録りは結構早いんです。でもソロとかリード音を録るときの音質に凄く凝ってるから、弾いてからが長い。ギターを持たない時間が長いのか、音に対していろんなアプローチがあるのか、何小節かに何時間もかけていて、こだわりは半端ないですね。

麗:そのせいか最近、ギターソロにすごく時間かかるようになってきたんです。前はサラッと弾いていたんですけどね。ヴォーカルと同じくらい前に出てくる部分だから、ちょっとノイジーな部分とか、人間臭いところとか、いろんなところが年々気になるようになって。

葵:パッキパキだよね。

麗:うん、パッキパキにしたくなった(笑)。

――ギター陣の性質が真逆で面白いですね。今回のアルバムで聴きどころを挙げるとしたらどこでしょう。

麗:今回の作品では「ここを聴け」という持って行き方はしていないんです。あれだけ激しいバンドサウンドの中で歌を持ち上げる絶妙なバランス感を重視しているので。飛び出したパートがあったらアレンジの時点で省いて。なので、ギターソロとかオブリ(※オブリガード。主旋律を引き立てるために演奏される短いフレーズ)とか聴こえてくるところは立っていても、バッキングは混ざりが大事だなと。あえてうまいバランスで録っているのを感じ取ってもらえたら、ガッツポーズしちゃいますね。

葵:一つずつ考えながら、極力省けるものを省きつつ、その時にどのフレーズを聴かせたいのかを考えて作ったら、こうなりました。

麗:今回の収録曲はRUKIの曲が多いので、原曲の素の状態では±0でも、アレンジの段階でみんなそこに足してくるじゃないですか。そこからプリプロの段階でかなり引かれましたね。もちろん原曲の状態よりはプラスされているんですけど、アレンジが100%された状態からはグイグイ引いています。

葵:かなり間引かれた状態で、俺らは涙ながらにお送りしている感じです。こんなアイディアもあったのに、あんなアイディアもあったのに…って。

麗:(笑)。RUKIの曲はアレンジ的には淡泊で、ヴォーカルが主になっているんですけど、楽器をやっていると、どこかにフックを入れたくなるんです。RUKIは歌を中心に考えながら人のアレンジを聴いているので、あいつが「うん、大丈夫」って言ったら歌の邪魔していない、あいつがあれこれ言ってくる場合は歌の邪魔になるからなんだろうなと。そういう意味でヴォーカルとの戦いでした。もし途中のアレンジで、どこかふっと耳に引っ張られる音があったとしたら「あ、RUKIのヴォーカルをうまく避けた上でこのアレンジを入れたんだろうな」と感心してもらえたらと思います。

◆まさに13周年は「OMINOUS YEAR」です(麗)

麗

――今回、「OMINOUS」のリリックビデオが公開されましたが、リリックビデオはthe GazettEにとって初の試みですよね。

葵:RUKIの「もっと自分の世界観を自分のイメージする映像と共にお届けしたい」という気持ちの表れだと思います。

麗:リリックビデオはヴォーカルならではの欲求なんだろうなと思いますね。俺は存在すら知らなかったです。

――この映像にはメンバーは一切登場しませんね。

麗:そうですね。でも本当に詞の世界に浸れるから、俺は入り込めました。MVより、詞とイメージが流れてくるから純粋に伝わってくるし。

葵:え…まさか俺らが映像の世界観を壊してたの?

麗:あぁ…確かにメンバーが出てくるとつい目が行っちゃうから邪魔ではあるかもね(笑)。

――RUKIさんはミュージッククリップ集『FILM BUGⅢ』のインタビューで「俺は監督の真横にくっついて指示出しをしている」と言っていましたが、今回はいかがでしたか。

葵:この作品では本人が映像編集もやっていて。RUKIはマルチな奴だと思いますね。

麗:マルチまがいな奴です。

葵:(笑)。でも、最近は編集作業を俺らにもやらせるようになって…。そしてRUKIはみんながPCをカタカタやっているところで指示を出してます。彼が監督なので。

麗:「お前はやらないの?」っていう(笑)。

――RUKIさん…(笑)。この作品の一方で、「ヘドバンの猛者」を募集していたMVも話題になっていましたね。

葵:そうなんです。皆アルバムの中の曲を撮ると思っているみたいですけど…、どうなんでしょうね?! 今撮ってたらアルバムが出ないですからね!

――オーディエンスを入れて行う撮影というのは「Hyena」以来ですね。

葵:そうですね。「Hyena」はオーディエンスとの間に柵があって隔てられた感じだったんですけど、今回は近いです。

麗:何を隠そう今回はメンバーがメガホンを取りますからね。

葵:俺らが監督なんです。今回は監督を付けずに、俺らがカット割りなんかも考えながら撮るという。メガホンで叩きまくりますよ。

麗:おかげで寝る時間がなくて、すごく後悔してます(笑)。

――13周年のthe GazettEはこれまで以上に攻めていますね。

麗:逆に究極の守りなのかもしれないなと思うんです。防御していたらこうなったので。

葵:めっちゃ攻められているんですよ、きっと。

麗:もー、PCばっかり触っていて、何の職業の人だかわからない生活なんです。早くツアーに行きたい! ギターを弾いていたい!

葵:このインタビューが公開される頃には『DOGMA』の全曲試聴映像が世に出ていると思うんですけど、それもメンバーが作っているんです。そこ、注目してほしい。寝ずにやったんだなって。完全に自主制作でインディーズ以下の活動ですよ(笑)。でもこの視聴映像は、割と曲のイメージに沿っているから、みんな世界観に入ってきやすいかなと。手前味噌ですけど。

麗:5人それぞれに曲を割り振って作っているから、バラバラの世界観があっておもしろいですよ。

葵:それで人のやつを見て、「俺のちょっとショボいな…」と思ったらまた手直しするから終わらないんですけどね(笑)。去年がいかに平和だったかって思います。何か誰かが企んでいるとしか思えない…やっぱり13は不吉な数字なんだな。

――「DAWN」の歌詞にもある〈高く吊るした13階段〉を上っちゃう感じですね。

葵:まさにそんな感じです。今、周りの人含めてバンド史上最高にしんどい!

麗:これからもかなりヤバいと思うんです。決めなきゃいけないこともたくさんあるし。無事、来年の構想を練れることを願ってます。ちゃんとツアーの事だけに集中できるといいんですけど、そうならない予感がプンプンして。まさに13周年は「OMINOUS(不吉な,縁起の悪い)YEAR」ですね(笑)。

葵:平和な年にしたいんですけど、無理っぽいな…。忘れられない1年になりそうです(笑)。

(文・後藤るつ子)

ARTIST PROFILE

the GazettE

<プロフィール>

RUKI(Vo)、麗(G)、葵(G)、REITA(B)、戒(Dr)。デビューより一貫してセルフプロデュースを貫き、妥協なく追求したハイクオリティなサウンドは国内外で高く評価されている。2010年12月には東京ドームライブを成功させる。2013年には全9公演のthe GazettE WORLD TOUR 13を行うなど精力的にライブ活動を展開。2015年3月10日、日本武道館にて「13TH ANNIVERSARY[13-T H I R T E E N-]」を行い、13周年の幕開けを華々しく飾った。9月5日(土)から全国ツアー「DOGMATIC -UN-」を、12月1日(火)からは全国ツアー「DOGMATIC -DUE-」を開催する。


■オフィシャルサイト
http://www.pscompany.co.jp/gazette/


【リリース情報】
『DOGMA』
2015年8月26日(水)発売
(SMR)
約2年振りとなるthe GazettEの通算8枚目のオリジナルアルバム。ファン待望の本作品からは真の音楽の価値が垣間見える。

DOGMA
完全生産限定盤
(CD+2DVD+写真集+BOOK)
SRCL-8887~8890
¥10,800(Tax in)
amazon.co.jpで買う
DOGMA
初回限定盤
(CD+DVD)
SRCL-8891~8892
¥4,320(Tax in)
amazon.co.jpで買う
DOGMA
通常盤
(CD ONLY)
SRCL-8893
¥3,300(Tax in)
amazon.co.jpで買う


【収録曲】
DISC1[CD] ※全形態共通
01. NIHIL
02. DOGMA
03. RAGE
04. DAWN
05. DERACINE
06. BIZARRE
07. WASTELAND
08. INCUBUS
09. LUCY
10. GRUDGE
11. PARALYSIS
12. DEUX
13. BLEMISH
14. OMINOUS


DISC2[DVD]※完全生産限定盤、初回生産限定盤のみ
01. [DOGMA] MUSIC VIDEO


DISC3[DVD]※完全生産限定盤のみ
01. DOCUMENTARY OF [-13-] AT 日本武道館
02. [DEUX] MUSIC VIDEO
03. [OMINOUS] LYRIC VIDEO
04. MAKING OF [DOGMA] MV
05. TRAILER COLLECTION


[写真集]※完全生産限定盤のみ
A4 size / 80page


[BOOK]※完全生産限定盤のみ
A4 size / 64page

【ライブ情報】
the GazettE LIVE TOUR 15 DOGMATIC -UN-
9月5日(土)羽生市産業文化ホール HERESY ONLY
9月6日(日)羽生市産業文化ホール
9月8日(火)金沢市文化ホール
9月10日(木)新潟テルサ
9月14日(月)神奈川県民ホール
9月17日(木)市川市文化会館 大ホール
9月19日(土)千葉県文化会館
9月22日(火)相模女子大学グリーンホール
9月24日(木)茨城県民文化センター
9月26日(土)山梨県民文化ホール
9月29日(火)三重県文化会館 大ホール
10月3日(土)サンシティ越谷市民ホール
10月4日(日)サンシティ越谷市民ホール
10月6日(火)長野県・ホクト文化ホール 中ホール
10月7日(水)富山県民会館
10月9日(金)前橋市民文化会館
10月11日(日)滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール 大ホール
10月14日(水)栃木県総合文化センター
10月15日(木)大宮ソニックシティ
10月27日(火)引前市民会館
10月28日(水)秋田市文化会館 大ホール
10月30日(金)郡山市民文化センター 中ホール


the GazettE LIVE TOUR 15-16 DOGMATIC -DUE-
12月1日(火)よこすか芸術劇場
12月3日(木)オリンパスホール八王子
12月9日(水)松戸・森のホール21
12月11日(金)高知市文化プラザ・かるぽーと
12月13日(日)サンポートホール高松
12月15日(火)広島明日テールプラザ 大ホール
12月17日(木)倉敷市芸文館
12月19日(土)オリックス劇場
12月20日(日)オリックス劇場
12月23日(水)和歌山市民会館
12月24日(木)神戸国際会館 こくさいホール
12月27日(日)仙台サンプラザホール
2016年1月7日(木)旭川市民文化会館大ホール
1月9日(土)札幌市教育文化会館
1月11日(月)山形市民会館 大ホール
1月13日(水)盛岡市民文化ホール
1月16日(土)福岡市民会館 大ホール
1月18日(月)鹿児島市民文化ホール 第2ホール
1月23日(土)日本特殊陶業市民会館 フォレストホール(名古屋市民会館)
1月24日(日)なら100年会館 大ホール