特集-Special Feature-

◆意外過ぎました(YUCHI)

――初回生産限定盤のDISC2に収録されたヴォーカルコラボレーションに驚かされました。俳優の三上博史さん、X JAPAN のToshlさんという、この意外な顔触れは京さんセレクトですか?

京:はい。「絶対面白くするから、信頼して好きなようにさせてくれ!」って言って。僕、昔から三上さんが俳優としても歌い手としてもすごく好きで。CDを結構出されているんですけど、めっちゃマニアックなんですよ。俳優の方がCDを出すと売れ線だったりするんですけど、全くそんなことなくて。レコーディングする前に会って話したいと言われて、その時初めてお会いしたんですけど、すごく話が合って、そのままレコーディングに入ってもらえたんです。すごく良い流れでしたね。

YUCHI:最初に京さんから曲を聴かせてもらった時、どこのバンドだろうと思ったら、三上博史さんだと。「え、三上さんて、あの俳優の?」と。意外過ぎました。

――さらに三上さんの声と京さんの声が絶妙な相性ですよね。

京:僕、レコーディングに立ち会ったんですけど、声に色気がありすぎて。

――京さんの声にもすごく色気があるので、二人で歌うとDISC1とは全く違うエロティックな仕上がりになります。


京:そうなんですよ、すごく艶めかしくて。レコーディングではとりあえず好きに歌ってください、と言ったら1発目の頭に語りを入れてくれて。「何ですかそれ! それください!」と。

YUCHI:あれはアドリブなんですね。すごいな。

京:歌手としての三上さんて、あんまり知られていないじゃないですか。すごく良い声してるっていうのを広めたかったっていうのもあるんです。

◆もっとよくわからないところに行きたい(京)

――今回のアーティスト写真は、前回とは真逆に近いようなクリアさが新鮮です。

京:取っ付きやすくしようかなと。ちょっとした遊び心です。黒い写真だと「あぁ、あれね」ってイメージされやすいじゃないですか。それが嫌で。コラボも曲も「何をするかわからない」というのが面白味なので、行き過ぎない程度に裏切られたらなと。そして、あのアー写で、今回の曲っていうね。でも、あれでライブやるのかと言われると、また違う気もするんですけど。

――喪服で棒立ちの客席を前に、あのヴィジュアルというのは、ある意味シュールですね。ジャケ写は、初回生産限定盤が京さんの横顔、通常盤がボルゾイですが。

京:ボルゾイの見た目がかっこよくて好きで。

――ボルゾイは狼狩りの犬なので、てっきり「dunes」の〈オオカミは誰だ〉という歌詩から来ているのかと思っていました。

京:いやいや、全然(笑)。今回、全く関係ないものにいろんなものを映写したかったんです。大きくて、白くて、毛が長い動物を探したら、ボルゾイがいいなと。撮影現場には2匹来ました。

YUCHI:元気でしたよね。人懐っこくて。

京:うん。めっちゃ賢い犬でしたよ。

――何を映写しているんですか?

京:深海魚です。深海魚って不思議で、進化しているのか退化しているのかわからない、「この形状で本当に合ってるの?」って思わされるじゃないですか。それがタイトルと一致するなと思って。

――確かに深海魚というのは言い得ていますね。さて、今回のミニアルバムがリリースされる前に、対バンツアー「二〇一五年公演 「The Unified Field」 -双卵の眼-」がありますが、LM.C、HEAD PHONES PRESIDENT、acid android、THE NOVEMBERS、MERRYという、タイプの全く異なる5バンドとの共演ですね。

京:みんな僕が面白いなと思う人たちです。HEAD PHONES PRESIDENTのメンバーはライブを見に来てくれたり、LM.CもAiji君に何回か会ったことあるくらいかな。「どうも。何してんすか」という挨拶くらいですけど。


YUCHI:僕もLM.Cは面識があります。ちなみに、今回の2マンは僕がお願いしたんじゃなくて、京さんからある日「LM.Cで決定したから」って言われて、「あ、そうなんですね」と。その後、LM.Cから「というわけでよろしく」って連絡があって。まさかと思っていたのでびっくりしました。

京:そこはヴォーカルコラボレーションの時みたいに、メンバーを驚かせたいっていうのがあったんです。

――年明け早々、活発に動いているsukekiyoですが、2015年はどう進化していくんでしょうか。

京:掴みどころがないバンドでいたいですね。もっとよくわからないところに行きたいです。あと、名前をもっといろんな人に知ってもらいたい。こういうバンドなんだってことを、まだ全然知られていないので。

YUCHI:去年ライブをやるまでは、sukekiyoってどんな感じになっていくのかなと思っていたんです。ライブをやって掴めたものもありつつ、こんなこともできる、あんなこともできる可能性という意味で、より分からなくなった部分もあります。両方楽しめたらいいなと思いますね。より強くしたい部分を強くして、より分からない部分は分からなく…それが理想です。

(文・後藤るつ子)

sukekiyo

<プロフィール>

2013年10月、DIR EN GREYのヴォーカルの京のソロプロジェクトとして結成されたバンド。メンバーは、京(Voice)、匠(G/Piano)、UTA(G)、YUCHI(B)、未架(Dr)の5人。2014年1月1日(水)sukekiyoの初音源「aftermath」のMVを全世界111カ国のiTunes Storeで配信。2014年4月30日に1stアルバム『IMMORTALIS』をリリース。ヨーロッパツアーなど数々のライブを経て、2015年2月4日ミニアルバム『VITIUM』をリリースする。


<ライブ情報>
◆二〇一五年公演 「The Unified Field」 -双卵の眼-
1月28日(水) 東京都・赤坂BLITZ 出演:sukekiyo / LM.C
1月30日(金) 愛知県・名古屋Electric Lady Land 出演:sukekiyo / HEAD PHONES PRESIDENT
2月2日(月) 福岡県・スカラエスパシオ 出演:sukekiyo / acid android
2月4日(水) 岡山県・CRAZYMAMA KINGDOM 出演:sukekiyo / THE NOVEMBERS
2月5日(木) 大阪府・梅田CLUB QUATTRO 出演:sukekiyo / THE NOVEMBERS / MERRY

◆sukekiyo 二〇一五年公演「The Unified Field」
2月9日(月) 東京都・渋谷区総合文化センター大和田 さくらホール
2月10日(火) 東京都・渋谷区総合文化センター大和田 さくらホール
2月16日(月) 京都府・京都劇場
2月17日(火) 京都府・京都劇場

◆sukekiyo 二〇一五年公演「The Unified Field」 -VITIUM-
2月28日(土)東京都・調布市グリーンホール

■オフィシャルサイト
http://sukekiyo-official.jp


【リリース情報】
『VITIUM』
2015年2月4日発売
(Manufactured by FIREWALL DIV. Distributed by Sony Music Distribution(Japan)Inc.)
sukekiyoの2作目となる1stミニアルバム。心地よくも奇怪で懐かしくも斬新な楽曲から、歌謡曲のような情緒や哀愁を感じさせる楽曲までsukekiyoの包み隠された一面を見られる作品。

『VITIUM』初回限定盤
初回生産限定盤
(2CD)
SFCD-0150~51
¥3,000+税
『VITIUM』通常盤
通常盤
(CD)
SFCD-0152
¥2,500+税


【収録曲】
DISC 1 [CD](※初回生産限定盤、通常盤共通)
01. leather field
02. dunes
03. dot
04. foster mother
05. 雨上がりの優詩
06. maniera
07. 白露
08. celeste
09. focus

DISC 2 [CD](※初回生産限定盤のみ)
Collaboration Track
01. 雨上がりの優詩 Collaboration with Toshl
02. focus Collaboration with 三上博史
03. elisabeth addict Remixed by Renholdër
04. latour Collaboration with Wes Borland

数量限定で、<通販限定>豪華盤、<通販限定> 初回盤も同時リリースされる。