特集-Special Feature-

◆サビでこんなリズムを持ってくる曲は、僕は聴いたことがない(Karyu)

キリト

――ところで、「FACTOR」の2サビ終わりのブリッジがとても素敵だなと思って。

Karyu:素敵ですよね。この曲だけ唯一キャッチーにしようと思って。

――これは、元々表題曲を狙って作ったものですか?

Karyu:いや、元々はヘヴィーで割とダークめなコンセプトで『FACTOR』を作ろうというテーマがあったんですけど、1曲くらいメロディが綺麗なのがいいなと思って作ったら、たまたま表題になりました。

――そうなんですね。

Karyu:一番焦ったのは、「URGE」のギターソロを変えてくれって言われたんです。もう録り終わっていたんですけど(笑)。ギルが録っている間に考えました。あれは焦りましたねぇ。ただ、感覚で弾いてハマる曲だったので、上手くできたのが良かったですけどね。

――では、お互いのパートの一推しの聴きどころを挙げてください。

Karyu:「FACTOR」のブリッジの後、お互い違うコードを弾いているんですけど、そのハモりっぽいのが…素敵です(笑)。

ギル:「Collapse parade」の最初のAメロで、Karyuさんがディレイを掛けて「テンテケテケテケ」って弾いているんですけど、それって今まで絶対なかった。

Karyu:うん、弾いたことない。

ギル:しかも、Angeloとしてはパワーコードが多いんですけど、そこを支えるように僕もフルコードで鳴らしているので、そのアプローチは今までなかったですね。

Karyu:これ、1曲ずつ解説とかしたほうがいいですかね?

――突然(笑)。ぜひお願いします。

Karyu:「FACTOR」は先ほど言った通りで、次の「URGE」は直感で聴けるというか。

ギル:曲の持っているエネルギーがあるので、実際細かく聴いてもらうと、イントロ、A、B、C、D、Eとセクションがいっぱいあるんですけど、難しい構成でギターのアレンジも毎回変わっているにも関わらず、スッと入ってこられるようにできたかなと。

Karyu:うん、みなさんの心にもスッと入ってくると思います。

ギル:スタンダードな歌メロっぽい入り方をしておいて、終わり方は転調しますし、この曲は音楽的要素が多いと思うんですよね。

KOHTA

――なるほど。続いて「Experiment」です。

Karyu:Angeloを知っている人からしたら、Karyuらしい曲だと思います。

ギル:でも、Karyuさんらしいのはリフワークだけであって、構成とサビに対しての転調の仕方とかは、今までにはない音の進行ですね。初めて聴いた時、俺はこの曲がすごく面白かったんですよね。何もしなくてもこのままでカッコいいと思った曲です。「SELF AWAKE」は初めて聴いた時、キリトさんのメロディだなって一番感じた曲なんですけど、今までとは違うアプローチをしないといけないから、リフがユニゾンなので、より力強くバンドの力が出るようにするということを考えました。なので、そんなにプレイで難しいことをしようとは思わなかったですね。

Karyu:(頷く)

ギル:けど、中間部分の音圧にはこだわって、特にKOHTAさんはベースのローをもっとグッと出したいから、ギターのいる位置を考えてくれないかとか、結構こだわったところもあって。ベースとギター、ドラムの縦のリズムが一番の聴きどころじゃないですかね。

Karyu:リズムが斬新で面白いですね。キリトさんらしい変態さが出ている曲だと思います。

ギル:そして「狂人」。

Karyu:タイトル通り攻めた詞なんですけど、どこか悲しげというか切なさがあるので、Dメロかな、一カ所切ない部分があるんですけど、そこに全精力を注ぎました。

ギル:これも変態な曲ですよね。リズム然り、テンポ然り、ツーバスありきで。

Karyu:サビでこんなリズムを持ってくる曲は、僕は聴いたことがないですね。

ギル:構成も複雑ですもんね。でもスラッと聴けるんじゃないかなと。

――8月のライブで初披露していましたが、相変わらずお客さんのノリはすごく良かったですね。

Karyu:ノリやすいのかな。「Collapse parade」はツアー中に作っていた曲なので、割と手癖が出ている曲です。前までは、自分が作ってきたものからできるだけ遠ざけるアレンジをしようとしていたんですけど、それを一切考えずに自分が気持ちいいところにいけるようなアレンジにしたので、新しさと古さが混ざった曲になっています。

ギル:弾いていてこの曲が一番楽しいです。

Karyu:ライブだと特にノリやすいんじゃないかなと。

――今作は、全体的にライブで盛り上がりそうな曲揃いですよね。

Karyu:うん、コンセプト通りですね。

◆やりたいことはいっぱいある(ギル)

TAKEO

――次回作『RESULT』の進行具合が、なかなか危ないようで。

Karyu:危ない! 非常に危ない。

ギル:追い込まれてからですよ。

Karyu:『PSYCHE』の時もそうだったし。

――名曲が生まれそうですね。

Karyu:生まれます。なので、楽しみにしておいてください。

――現段階では、どんな作品になりそうですか?

Karyu:僕が出した曲は割とキャッチーめだったりします。でもヘヴィーで、新しい感覚でライブができるかなと想像はしています。

――前回の取材時に伺ったKaryuさんの2015年の目標が、ムキムキになるとのことでしたが、途中経過はいかがですか?

Karyu:おーっ…。8月までは割と鍛えてたんですよ。腹筋をものすごく割ろうと頑張ったんですけど、ちょっと限界が見えたというか(笑)。割れてたんですけど、みんなから見ると「そうでもねーな」と(笑)。作曲期間もあったので、今はお休み中です。ツアーに向けてまた急激に、ムキムキです。

――頑張ってください。ギルさん、今年残り3ヶ月の間に達成したいことは?

ギル:やりたいことはいっぱいありますけど。俺もムキムキになりたいし、お立ち台の上でギターソロを弾いてみたいですし。キリトさんも「弾いていいよ」って言ってくれたんですけど、結局やってないんですよね。あとは、自分の曲を周りに認めさせたいというのもあります。

――今後、ギルさん作曲の曲が生まれるかもしれないということですか。

ギル:それは約束はできないですけど。でも、作曲は常にしていますよ。作るのは好きなので。

――さて、10月4日には9周年ライブ@豊洲PITが控えています。

Karyu:『FACTOR』の世界観とAngeloが始まった頃の感じと、バランスの良いセットリストになっているので、お楽しみいただけるんじゃないかと思っています。

――そして11月23日からはツアーがスタートしますが、日程的に『RESULT』のリリースを間に挟むんですよね。前半と後半で内容は結構変わってくるのでしょうか。

Karyu:どうでしょうね。メンバー誰一人、まだツアーに意識が向けられてないと思います(笑)。

ギル:まずは『RESULT』の完成を。でも、ツアーの合間にリリースとFC限定ライブがあるじゃないですか。だから、なんとなく階段が生まれそうな気もするんですけどね。ツアーが終わる頃には良い現象が起きているんじゃないかなと。

Karyu:EPが2枚出るというのは今までになかったことで、それを踏まえてのツアーになるので、今年を締め括るライブと、また新しい1年の幕開けをしっかりと見届けてもらえると嬉しいです。

(文・金多賀歩美)

ARTIST PROFILE

Angelo

<プロフィール>

キリト(Vo)、KOHTA(B)、TAKEO(Dr)の3人により結成され、2006年8月に正式デビュー。結成5年目の節目となった2011年8月、Karyu(ex. D’espairsRay)とギル(ex.ヴィドール)のギタリスト2名を迎え入れ、新生Angeloとして動き出す。同年10月、5人での初のアルバム作品『BABEL』をリリース。その後も作品リリース、ライブを精力的に展開。刺激的なラインナップが話題の主催イベント「THE INTERSECTION OF DOGMA」は、2015年8月で4回目を迎えた。9月に『FACTOR』、12月に『RESULT』という2枚のEP盤をリリースする。10月4日“天使の日”には9周年ライブを開催、さらに11月23日から全国ツアーがスタートする。


■オフィシャルサイト
http://angeloweb.jp/


【リリース情報】

『FACTOR』
2015年9月30日(水)発売
※期間生産限定(発売日より30日間の限定生産)
(発売元:ブロウグロウ 販売元:ソニー・ミュージックマーケティング)
随所に新たなアプローチが取り入れられたヘヴィーな楽曲が並ぶ、Angelo初となるEP盤2連作の第1弾。来年の10周年へ向けての序章となる作品。

FACTOR
IKCB-9542
¥2,480+税


【収録曲】
01. FACTOR
02. URGE
03. Experiment
04. SELF AWAKE
05. 狂人
06. Collapse parade

【ライブ情報】
●Angelo 9th Anniversary 「THE ABNOMAL PHENOMENON」

2015年10月4日(日)豊洲PIT


●Angelo Tour 2015-2016 「THE RESULT FROM PHENOMENON」

2015年11月23日(祝・月)横浜BayHall
2015年11月27日(金)新宿BLAZE
2015年12月2日(水)柏PALOOZA
2015年12月6日(日)札幌PENNY LANE 24
2015年12月13日(日)名古屋Diamond Hall
2015年12月18日(金)大阪BIG CAT
2015年12月20日(日)金沢8HALL
2015年12月23日(祝・水)福岡DRUM LOGOS
2015年12月25日(金)TSUTAYA O-EAST(※FC限定)
2015年12月27日(日)仙台Rensa
2016年1月9日(土)赤坂BLITZ
2016年1月10日(日)赤坂BLITZ