ライブレポート

2012.1.7

ViViD@日本武道館

ViViD LIVE 2012「TAKE OFF~Birth to the NEW WORLD~」

 

 

結成からわずか3年という驚くべきスピードで実現したViViDの初武道館ライブ。8000人の観客で埋め尽くされた日本武道館は、期待と興奮に満ちていた。

暗転と共に沸き起こる悲鳴のような歓声。そこかしこで瞬くルミカライト。ふいにステージ左手にのびた花道からスモークが噴出し、白一色の衣装に身を包んだKo-kiが登場! 予想外の登場に会場が沸き立つと、続く上手花道からはイヴが、さらに怜我、零乃、そしてステージ後方から白いハットを手にしたシンが姿を現す。

閃光の中、奏でられたのは“誰にでも無限の可能性がある”というメッセージがこめられた「「夢」~ムゲンノカナタ~」。無数のレーザーが会場を照らし、この日、一つの大きな夢を叶えた彼らをまぶしく照らし出す。

 

「武道館! 俺たちがViViDだ!」

怒涛の5曲を終え、この言葉を彼らはどんな気持ちで叫んだだろう。

「今日ここにいる一人一人に感謝の言葉を言いたい。一生に一度しかないViViD初の武道館、みんなと一緒に作っていきたいと思います」

 

披露されたのは、今日のライブタイトルとも重なる「Take-off」。開始直後に感じたわずかな堅さはあっという間に払拭され、いつものViViDらしい、はちきれんばかりのバイタリティに溢れたライブが展開される。「踊れ悪女ども!!!」というシンの叫びでタオルが大旋回し、「悪女♂トリッキー」「BLUE」で会場内はダンスフロアと化したのだった。

 

 

暗転し、一筋のスポットライトが照らし出したのはドラムのKo-kiの姿。この大舞台でメンバー最年少の彼が見せた渾身のドラムソロは圧倒的なパワーで客席に迫るものだった。最後の一打を終えた瞬間に沸き起こった歓声に、それまでの真剣な面持ちが消え、まるでいたずらっ子のように舌を出して親指を立てて見せる。

 

「risk」「CRISIS」、初披露となった「vanity」、そして「FAKE」…ViViDらしいROCKが炸裂したかと思えば、ピアノの音色が切なく響く「Trail of Tears」「Rem」、心の内側を曝け出すような「夏花」をしっとりと歌い上げ、その世界観を巧みに描き出す。どこまでも、いかようにも進化できそうな柔軟性を備えつつ、驚くほどの安定感を持ったライブは、武道館という大舞台でも揺らぐことがない。ラストは、ハードな重低音とメロディアスなギターが彩る切ないラブソング「キミコイ」で本編を締めくくった。

 

アンコール中、スクリーンに突如映し出されたのは、“Ko-KING”氏による恒例のグッズ紹介映像。マッスル、マダムキラー、ジャックナイフ、THE零乃というおなじみの豪華ゲスト(!)たちを迎え“ワンランク上の生活をお届けする通販生活”で会場を爆笑の渦に巻き込んだ。

 

「今日はめちゃめちゃ楽しいです! どうもありがとう」

すっかり和んだ会場のアンコールに、笑顔で姿を現した5人から次々に感謝の言葉を告げ、今日のこの景色を想像して歌詞を書いたというニューシングル「message」が贈られた。〈約束の景色はほらすぐそこに広がってる〉今まさに目の前に広がる景色を、彼らは万感の想いで見つめたに違いない。しっとりとした音色で感動に包まれた場内。しかし、もちろんこのままでは終わらない。「PRECIOUS」「Across The Bordes」「Survive」…彼らの代表曲とも言うべきナンバーを立て続けに響かせ、客席のボルテージは天井知らずに上がっていった。

 

 

「俺たちとお前たちで昔からずっと大事にしてきたこの曲を、一緒に歌ってください」

この日、ラストを飾ったのは名曲「Dear」。〈支え合って君と歩きたい どんな壁が立ちふさがっても〉…会場にいる8000人の大合唱が響き渡り、明るく照らし出された客席に特効のテープが高く高く舞う。大団円と言う言葉がまさに相応しいきらめくフィナーレに、ステージも、そして客席も今日一番の笑顔が溢れていた。

 

言わずもがな、日本武道館という場所は多くのアーティストにとって “聖地”である。ViViDというバンドはここに、わずか3年という驚異的なスピードで辿りついた。周囲が瞠目するその成長のスピードをもってしても、あまりに早い“聖地”への到達に、周囲からの反対や心ない誹謗中傷もあったことだろう。メンバーから語られた「武道館までの道のり」は決して平坦でも、近道でもなかったし、「不安で不安でたまらなかった」という言葉には、その苦悩が滲んでいた。けれどこの日、会場を埋め尽くしたオーディエンスとともに辿りついた一里塚は、彼らをさらに大きく飛躍させるものだったと確信している。次なる目標としてシンが明言した「東京ドームでのライブ」。この言葉はきっと確かな予言になることだろう。「TAKE OFF~Birth to the NEW WORLD~」まさしくタイトル通り、その日に向け新たな一歩を踏み出す一夜となった。

 

◆セットリスト◆

01.「夢」~ムゲンノカナタ~

02.カケラ

03.69-Ⅱ

04.Re:Load

05.Distance of Mind

06.Take-off

07.悪女♂トリッキー

08.BLUE

09.Trail of Tears

10.Rem

11.夏花

〈Dr SOLO〉

12.risk

13.CRISIS

14.vanity

15.FAKE

16.キミコイ

 

ENCORE

EN01.message

EN02.PRECIOUS

EN03.Across The Border

EN04.survive

EN05.Dear

 

(文・後藤るつ子)